バックナンバーページへ

ConcertReport・コンサートレポート

NAGOYA MUSIC STATION vol.6

名古屋ミュージックステーション vol.6 2011年9月11日(日) jazz inn LOVELY[愛知県名古屋市]

手作り感溢れるチャリティーコンサート

2008年よりスタートした富士通テン従業員が企画・運営する、手作り感溢れるチャリティーコンサート「NAGOYA MUSIC STATION」も、今回で6回目をむかえました。第一部には、東京から九州まで幅広く活躍している若手ピアニスト渡辺ショータ率いる「CLUMPTONES」、第二部は、天性の歌声と、確かな歌唱力を持つ今岡友美が名古屋を拠点に活動する「ディア・ブルース」のメンバーを従えて登場、日曜のお昼に開催のコンサートということもあり、会場には小さなお子さんを連れた主婦の方から、長年ジャズを愛されている常連のお客様まで沢山の方々にお越し頂きました。

report
PAGE TOP

[第一部]CLUMPTONES

「自分のトリオは固定メンバーで、そして曲目もオリジナルナンバー中心でやることにこだわりを持っています。そのほうがお互いの信頼関係や、プレイに絆が生まれるからです。」と演奏前に語ってくれた渡辺ショータさん。その言葉通り、演奏した5曲の内、4曲がメンバーのオリジナルで構成されており、終始、美しいピアノの音色と洗練されたバンドサウンドが会場内を包み込みました。終演後には「メロディーと展開がとてもセンスが良かった。もっとたくさんの曲を聴きたい」と今後の「CLUMPTONES」の活躍に期待するメッセージがお客様から寄せられました。

セットリスト
1. Little Bear's SAGA
2. はなうた
3. CELIA
4. One
5. What's up, dude?

渡辺ショータ 公式ブログ

[第二部]今岡友美&ディア・ブルース

15分の休憩後に登場したのが、「今岡友美 & ディア・ブルース」。まずは、中嶋美弥(pf)、名古路一也(ba)、夏目純(dr)のトリオによる「Night mist Blues」。前方のお客様が思わずのけ反ってしまうほどパワフルな「ズシン!」というドラム音が会場内に響き渡ります。2曲目から登場した今岡友美は、熟練のメンバーに支えられながら、ジャズのスタンダードナンバーやポップスの有名曲を変幻自在の歌声で次々に披露。「今日の自分の体温が、お客様に伝わっていくのを感じる事ができました!」とお客様との一体感を今岡さん自身もステージ上で感じていたようです。「夏目さんのスリルある演奏が素晴らしかった」、「キューティーなヴォーカルが良かった、何と言っても楽しかった」というお客様のコメントが全てを物語っている圧巻のパフォーマンスで会場を魅了したあっという間の一時間でした。

セットリスト
1. Night mist Blues(トリオ演奏)
2. Just the way you are
3. Since I fell for you
4. Caravan
5. りんご追分
6. Jody Grind
7. What a difference a day made
アンコール. R66

今岡友美 公式サイト