KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報をデンソーテンがお届けします。

ジャズ新譜紹介

国内外からリリースされる注目のジャズ新譜を紹介します。

2018年3月

My Mind
Michiyo Trio
My Mind

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
山口美智代Piano 杉浦睦Bass 大武優Drums Guest(M5、6)色彩の悪魔Guitar
『心に寄り添う音楽を』ピアニスト山口美智代Official Home Page
http://www4.hp-ez.com/hp/michiyoemotion/top
商品紹介
制作 & 発売 : カデンツァ by ティートックレコーズ 販売 : ディスクユニオン Michiyo Trioの新たなステップとなるNew Album。 新曲と人気曲のリレコーディングを収録。
曲目
  1. 01:Tempest
  2. 02:Tough Queen
  3. 03:Bushido
  4. 04:Tristitia
  5. 05:The Deep Sea
  6. 06:Dreamer's High
  7. 07:Sunlight
ムービー

Live In Healdsburg
Anat Cohen & Fred Hersch
Live In Healdsburg

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Anat Cohen(cl), Fred Hersch(p)
商品紹介
アナット・コーエン&フレッド・ハーシュ 世代の差を越えてリスペクトする2人のDuoコンサート! コンサートの一音目で聴く人の心をつかむピアノ・・・! そして全神経を集中した音の会話が繰り広げられた記録
★世代を越え、リスペクトし合う、現代最高峰の音楽家によるデュオ・コンサート!
★アナット・コーエンとフレッド・ハーシュは同レーベルANZICの作品『Tightlope』で共演した作品をリリース。またライヴでもたびたび共演。フレッドが多数のアーティストを招いたジャズ・アット・リンカーン・センターでのコンサートでも、アナットとの共演時間には、ジュリアン・ラージとの共演に並ぶ特別なものがあり、フレッド・ハーシュのアナットへのリスペクトを感じさせてくれました。
★本作は、そんな二人が、2016年6月11日にヒールスバーグ・ジャズ・フェスティヴァルに出演した際のライヴ録音。
★演奏した楽曲は、アナット・コーエンのオリジナルも一曲を入れつつ、冒頭の“ラーク”をはじめ、フレッド・ハーシュのオリジナル3曲と、フレッド自身がライヴで愛奏し続ける楽曲を組み入れた構成。この楽曲からも、フレッド・ハーシュのファンの方の興味をそそること間違いなしですが、そのような理性的なポジティヴな予想もいい意味で、大きく上回る音の世界が本ライヴで、正に一音目から、響きます。
★フレッド・ハーシュは、『ライヴ・イン・アムステルダム』『サンデイ・ナイト・アット・ザ・ヴァンガード』など、かつてリリースした作品の中で、たびたび、“一音目で完全集中した”ということを自ら語っていますが、この日のコンサートの一音目も、その世界に通じるものであったといえましょう。静まり返った会場に響くのは、繊細なピアニッシモの静謐な音。また高音の緊迫感と中音域の柔らかな響きの織りなす世界の豊かさには、聴く人の心を一瞬でつかむものがあります。続く“チャイルド・ソング”もしかり。楽曲の世界を導くイントロの慈しみ深い美しさは、正に絶品で、言葉を尽くしてもあふれる音楽の素晴らしさがあります。一方、アナット・コーエンは、そんな繊細なフレッドの世界に、音色も豊かに演奏。楽曲はフレッド・ハーシュ寄りのもの中心でその世界に寄り添う印象もありますが、演奏は、会話のよう。お互いが繰り出すメロディ、ハーモニー、リズム、また音色や音の強弱を、お互いが共に全身で全神経を集中して演奏。その演奏は、理知的に言えば、精妙そのものであり、しかし、それはまったく計算に基づくものではなく、すぐれた音楽家による音楽の賜物となっていることはいうまでもありません。
★どの曲も甲乙つけがたい演奏ですが、6曲目の“ピーコック”では、アブストラクトなピアノ・イントロから、あの有名なメロディに流れていく展開も見事。ファッツ・ウォーラーの7曲目では2人が戯れるように絡む演奏が楽しく、ラストはエリントン音楽の浪漫があふれます。
★本年2018年2月にフレッド・ハーシュはソロで来日。ますます話題も、ファンも広がる昨今に注目のリリースです。
曲目
  1. 01: Lark Fred Hersch (8:23)
  2. 02:Child’s Song Fred Hersch (7:21)
  3. 03:The Purple Piece Anat Cohen (8:27)
  4. 04:Isfahan Billy Strayhorn (8:05)
  5. 05:Lee’s Dream Fred Hersch (5:19)
  6. 06:The Peacocks Jimmy Rowles (10:25)
  7. 07:Jitterbug Waltz Fats Waller (8:19)
  8. 08:Mood Indigo (Encore) Duke Ellington (5:13)

Sings Ellington! + Bonus Album: Nina Simone At Newport + 2 Bonus Tracks
Nina Simone
Sings Ellington! + Bonus Album: Nina Simone At Newport + 2 Bonus Tracks

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
NINA SIMONE, vocals & piano The Malcolm Dodds Singers (vocal choir). Orchestra conducted & arranged by RALPH BURNS. New York, June 1961. *Bonus Track (12): Nina Simone (vo, p), Jimmy Bond (b), Albert “Tootie” Heath (ds). New York, 1957. **bonus Album (13-19): NINA SIMONE AT NEWPORT Nina Simone (vo, p), Al Shackman (g), Chris White (b), Rob Hamilton (ds). Newport Jazz Festival, Newport, Rhode Island, June 30, 1960.
商品紹介
ヨーロッパ発。紙ジャケCD (英語帯付) コレクション! 今回も偉大なジャズ名盤が登場。ボーナストラックにも注目です!!
★ニーナ・シモンが1962年にリリースしたデューク・エリントン・ソングブック集に、デビュー・アルバム『Little Girl Blue』(1959)収録のM12、さらに、アルバム『Nina Simone At Newport』(1960)全曲も追加収録したお得盤。
曲目
  1. 01:Do Nothin’ Till You Hear From Me 2:50
  2. 02: I Got It Bad (And That Ain’t Good) 4:07
  3. 03: Hey, Buddy Bolden 2:27
  4. 04: Merry Mending 2:36
  5. 05: Something To Live For 2:56
  6. 06: You Better Know It 2:25
  7. 07: I Like The Sunrise (From The Liberian Suite) 3:01
  8. 08: Solitude 3:46
  9. 09: The Gal From Joe’s 2:12
  10. 10: Satin Doll 3:37
  11. 11: It Don’t Mean A Thing (If It Ain’t Got That Swing) 2:33
  12. 12: Mood Indigo 4:03*
  13. 13: Trouble In Mind 5:42**
  14. 14: Porgy 5:11**
  15. 15: Little Liza Jane 4:34**
  16. 16: You’d Be So Nice To Come Home To 5:25**
  17. 17: Flo Me La 7:12**
  18. 18: Nina’s Blues 6:11**
  19. 19: In The Evening By The Moonlight 6:16**
  20. 20:0

Kind Of Blue + 2 Bonus Tracks
Miles Davis
Kind Of Blue + 2 Bonus Tracks

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
MILES DAVIS, trumpet JULIAN “CANNONBALL” ADDERLEY, alto sax JOHN COLTRANE, tenor sax BILL EVANS, piano (on all tracks except 2) WYNTON KELLY, piano (on 2 only) PAUL CHAMBERS, bass JIMMY COBB, drums New York, March 2 & April 22, 1959. *Bonus Tracks (6-7): The Sound of Miles Davis: Miles Davis (tp), John Coltrane (ts), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds). On 7 add the Gil Evans orchestra. “The Robert Herridge Theatre” TV show, New York, April 2 1959.
商品紹介
ヨーロッパ発。紙ジャケCD (英語帯付) コレクション! 今回も偉大なジャズ名盤が登場。ボーナストラックにも注目です!!
★ジャズ史上に燦然と輝く名盤。今回のジャケットカヴァーは、2009年にJAZZ WAXから180gLPとしてリイシューされたときと同じものが使用されております。ボーナス・トラックは59年のTVショーからの音源を収録。
曲目
  1. 01:So What 9:25
  2. 02:Freddie Freeloader 9:49
  3. 03:Blue In Green 5:38
  4. 04:All Blues 11:36
  5. 05:Flamenco Sketches 9:26
  6. 06:So What [Live] 9:08*
  7. 07:Medley: The Duke / Blues For Pablo / New Rhumba [Live] 13:34*

The Complete Legendary Sessions + 1 Bonus Track
Chet Baker & Bill Evans
The Complete Legendary Sessions + 1 Bonus Track

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
CHET BAKER, trumpet BILL EVANS, piano on all tracks, plus: Collective personnel: HERBIE MANN (fl) ZOOT SIMS (as & ts) PEPPER ADAMS (bs) KENNY BURRELL (g) PAUL CHAMBERS (b) CONNIE KAY (ds) PHILLY JOE JONES (ds) among others. New York, 1958-59.
商品紹介
ヨーロッパ発。紙ジャケCD (英語帯付) コレクション! 今回も偉大なジャズ名盤が登場。ボーナストラックにも注目です!!
★1958~59年にかけて実現した、チェット・ベイカー、ビル・エヴァンスの共演セッションをコンプリート収録。名盤『Chet』と、作曲家チーム、ラーナー&ロウ楽曲集『Chet Baker Plays The Best Of Lerner And Loewe』からの楽曲が中心。ボーナストラックは、エヴァンスではなく、ボブ・コーウィンのピアノ演奏によるナンバーを収録。
曲目
  1. 01:Alone Together 6:52
  2. 02: How High The Moon 3:37
  3. 03: It Never Entered My Mind 4:41
  4. 04: ‘Tis Autumn 5:18
  5. 05: If You Could See Me Now 5:17
  6. 06: September Song 3:05
  7. 07: You’d Be So Nice To Come Home To 4:33
  8. 08: Time On My Hands 4:33
  9. 09: You And The Night And The Music 4:07
  10. 10: Early Morning Mood 9:05
  11. 11: Show Me 6:32
  12. 12: I Talk To The Trees 5:52
  13. 13: Thank Heaven For Little Girls 4:36
  14. 14: I Could Have Danced All Night 3:42
  15. 15: Almost Like Being In Love 4:51*

Lady Sings The Blues + 9 Bonus Tracks
Billie Holiday
Lady Sings The Blues + 9 Bonus Tracks

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
BILLIE HOLIDAY, vocals on all tracks,plus: collective personnel: Charlie Shavers, Harry “Sweets” Edison (tp), Tony Scott (cl, arr), Paul Quinichette, Budd Johnson (ts), Willie Smith (as), Bobby Tucker, Wynton Kelly (p), Kenny Burrell (g), Aaron Bell (b), Chico Hamilton, Lennie McBrowne (ds), among others. New York & Los Angeles, 1954-56.
商品紹介
ヨーロッパ発。紙ジャケCD (英語帯付) コレクション! 今回も偉大なジャズ名盤が登場。ボーナストラックにも注目です!!
★Clef原盤、ノーマン・グランツによってプロデュースされた『Lady Sings The Blues』。オリジナルLPでリリースされた12曲に54年のセッションから3トラック、さらに55年のセッションより6曲がボーナス収録されている。
曲目
  1. 01:Trav’lin’ Light 3:11
  2. 02:I Must Have That Man! 3:07
  3. 03:Some Other Spring 3:39
  4. 04:Lady Sings The Blues 3:47
  5. 05:Strange Fruit 3:05
  6. 06:God Bless The Child 4:01
  7. 07:Good Morning Heartache 3:32
  8. 08:No Good Man 3:21
  9. 09:Love Me Or Leave Me 2:36
  10. 10:Too Marvelous For Words 2:14
  11. 11:Willow Weep For Me 3:09
  12. 12:I Thought About You 2:48
  13. 13:P.S. I Love You 3:38*
  14. 14:Softly 2:58*
  15. 15:Stormy Blues 3:29*
  16. 16:Say It Isn’t So 3:05**
  17. 17:I’ve Got My Love To Keep Me Warm 3:59**
  18. 18:I Wished On The Moon 6:51**
  19. 19:Always 4:00**
  20. 20:Everything Happens To Me 6:24**
  21. 21:Do Nothing Till You Hear From Me 5:00**

Ella In Berlin-Mack The Knife + 9 Bonus Tracks
Ella Fitzgerald
Ella In Berlin-Mack The Knife + 9 Bonus Tracks

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
ELLA FITZGERALD, vocals PAUL SMITH, piano JIM HALL, guitar WILFRED MIDDLEBROOKS, bass GUS JOHNSON, drums Deutschlandhalle, Berlin, Germany, February 13, 1960. *BONUS TRACKS: 12-18: Ella Fitzgerald (vo), Lou Levy (p), Max Bennett (b), Gus Johnson (ds). Cannes Jazz Festival, Cannes, France, July 1, 1959. 19-20: Ella Fitzgerald (vo), Paul Smith (p), Barney Kessel (g), Joe Mondragon (b), Alvin Stoller (ds). Hollywood Bowl, Los Angeles, August 15, 1956.
商品紹介
ヨーロッパ発。紙ジャケCD (英語帯付) コレクション! 今回も偉大なジャズ名盤が登場。ボーナストラックにも注目です!!
ヴォーカル御三家、エラ・フィッツジェラルドの1960年のベルリン・ライヴを収録した人気作。さらに、1959年のカンヌにおけるライヴ7曲と1956年のハリウッド・ボウルでのライヴ2曲をボーナス収録!
曲目
  1. 01:That Old Black Magic 4:10
  2. 02:Our Love Is Here To Stay 3:11
  3. 03:Gone With The Wind 2:26
  4. 04:Misty 2:47
  5. 05:The Lady Is A Tramp 3:17
  6. 06:The Man I Love 3:38
  7. 07:Summertime 3:00
  8. 08:Too Darn Hot 3:30
  9. 09:Lorelei 3:27
  10. 10:Mack The Knife 5:01
  11. 11:How High The Moon? 8:10
  12. 12:Lover Come Back To Me 1:59*
  13. 13:Angel Eyes 3:17*
  14. 14:I’m Beginning To See The Light 3:31*
  15. 15:My Heart Belongs To Daddy 2:37*
  16. 16:Just One Of Those Things 3:03*
  17. 17:I Can’t Give You Anything But Love 3:17*
  18. 18:Sophisticated Lady 3:37*
  19. 19:Love For Sale 2:59*
  20. 20:Just One Of Those Things 3:54*

Night In Manhattan + Sings Vincent Youmans & Irving Berlin
Lee Wiley
Night In Manhattan + Sings Vincent Youmans & Irving Berlin

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
LEE WILEY, vocals on all tracks, with: 1-12: Night in Manhattan. 13-24: Sings Vincent Youmans & Irving Berlin Tracks 3, 8-10: Bobby Hackett (cnt), Artie Manners, Jimmy Lytell (cl), Marcel Bonniface (accor), Joe Bushkin (p, celeste), Robert Chauvigny (p), Herb Baumel, Gabriel Banat, Alex Pierce (vln), Richard Dickler (viola), George Koutzen (cello), Billy Goodall (b), Charlie Smith (ds). New York, December 12, 1950. Tracks 1-2, 4, 7: Bobby Hackett (cnt), Joe Bushkin (p, celeste), Herb Baumel, Gabriel Banat, Alex Pierce (vln), Richard Dickler (viola), George Koutzen (cello), Billy Goodall (b), Charlie Smith (ds). New York, December 14, 1950. Tracks 11, 19, 22, 24: Stan Freeman, Cy Walter (p). New York, November 19, 1951. Tracks 5-6, 12-18, 20-21, 23: Same personnel as above. New York, December 4, 5 & 7, 1951. *Bonus tracks (25-26): Lee Wiley (vo) with the Dean Kincaide Dixieland Band: Billy Butterfield (tp), Cutty Cutshall (tb), Peanuts Hucko (cl), Dean Kincaide (bar, arr),Lou Stein (p), Barry Galbraith (g), Bob Haggart (b), Cliff Leeman (ds). New York, June 12, 1956.
商品紹介
スウィング時代の名歌手、リー・ワイリーの名盤 2LPs ON 1CD
★1930年代から活躍する、女性ジャズ・シンガー、リー・ワイリー(1908-1975)。エレガントで味わい深い歌声が魅力の白人シンガーである。本CDは、1951年にリリースされた出世作となった、『Night In Manhattan』(Columbia CL-656)と『Sings Vincent Youmans & Irving Berlin』(Columbia CL-6215/16)をカップリング収録。さらに1955年のLP『The Wide, Wide World of Jazz』(RCA Victor LPM-1325)より2曲をボーナス収録している。
曲目
  1. 01:Manhattan (Richard Rodgers-Lorenz Hart) 3:27
  2. 02: I’ve Got A Crush On You (George & Ira Gershwin) 3:26
  3. 03:A Ghost Of A Chance (Bing Crosby-Ned Washington-Victor Young) 3:17
  4. 04:Oh! Look At Me Now (Joe Bushkin-John Devries) 3:09
  5. 05:How Deep Is The Ocean (Irving Berlin) 2:53
  6. 06:Time On My Hands (Vincent Youmans-Harold Adamson-Mack Gordon) 2:50
  7. 07:Street Of Dreams (Sam M. Lewis-Victor Young) 3:15
  8. 08:A Woman’s Intuition (Ned Washington-Victor Young) 3:33
  9. 09:Sugar (Edna Alexander-Sidney Mitchell-Maceo Pinkard) 3:09
  10. 10:Any Time, Any Day, Anywhere (Ned Washington-Lee Wiley-Victor Young) 2:28
  11. 11:Soft Lights And Sweet Music (Irving Berlin) 2:34
  12. 12:More Than You Know (Vincent Youmans-Edward Eliscu-Billy Rose) 3:14
  13. 13:Tea For Two (Vincent Youmans-Irving Caesar) 3:15
  14. 14:Sometimes I’m Happy (Vincent Youmans-Irving Caesar) 2:33
  15. 15:Rise ‘N’ Shine (Vincent Youmans-Buddy Desylva) 2:18
  16. 16:Should I Be Sweet? (Vincent Youmans-Buddy Desylva) 2:10
  17. 17:Keepin’ Myself For You (Vincent Youmans-Sidney Clare) 3:02
  18. 18:Why, Oh, Why? (Vincent Youmans) 3:11
  19. 19:Some Sunny Day (Vincent Youmans-Clifford Grey-Leo Robin) 2:30
  20. 20:I Got Lost In His Arms (Irving Berlin) 3:01
  21. Heat Wave (Irving Berlin) 2:23
  22. Fools Fall In Love (Irving Berlin) 2:54
  23. How Many Times (Irving Berlin) 2:26
  24. Supper Time (Irving Berlin) 2:39
  25. Stars Fell On Alabama (Mitchell Parish-Frank Perkins) 4:09*
  26. Do You Know What It Means To Miss New Orleans (Louis Alter-Eddie Delange) 4:08*

All Over The Place + And All That Jazz “The Marty Paich Sessions”
The Hi-Lo's
All Over The Place + And All That Jazz “The Marty Paich Sessions”

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
1-12: All Over the Place THE HI-LO’s (Gene Puerling, Clark Burroughs, Bob Morse, Don Shelton), vocals. Orchestra conducted & arranged by MARTY PAICH featuring: Al Porcino, Jack Sheldon (tp), Frank Rosolino, Dicky Wells (tb), Red Callender (tu), Art Pepper (as), Bill Perkins (ts), Bill Hood (bs), Clare Fischer (p), Al Hendrickson, Bill Pittman (g), Buddy Clark (b), Mel Lewis (ds). Hollywood, March 24 (tracks 3, 9), April 6 (tracks 2, 4, 5, 10), April 11 (tracks 8, 11, 12), April 18 (tracks 1, 6, 7), 1960. 13-24: The Hi-Lo’s and All That Jazz THE HI-LO’s (Gene Puerling, Clark Burroughs, Bob Morse, Bob Strasen), vocals. The MARTY PAICH Dek Tette: Frank Beach, Jack Sheldon (tp), Bob Enevoldsen (v-tb),Vince DeRosa (fhr), John Kitzmiller (tu), Herb Geller (as), Bill Perkins (ts), Bud Shank (bs), Clare Fischer (p), Joe Mondragon (b), Mel Lewis (ds), Alvin Stoller (bgo). Hollywood, June 30 (track 20), July 2 (track 17), August 4 (tracks 14, 19, 22), August 5 (tracks 13, 16, 24), August 6 (tracks 15, 18, 21, 23), 1958.
商品紹介
50年代の名コーラス・グループ、ハイ・ローズ マーティ・ぺイチのアレンジ、豪華ジャズ・ミュージシャンが参加した 名盤 2LPs ON 1CD
★1950年代に人気を博した、男性コーラス・グループ、ハイ・ローズ。そのヴォーカル・ハーモニーはブライアン・ウィルソン、ママス&パパスを始め、マンハッタン・トランスファー、テイク6、ハービー・ハンコックにまで影響を与えている。本CDは、巨匠マーティ・ぺイチが指揮とアレンジを担当、アート・ペッパーを始めとする有名ジャズ・ミュージシャンが多数参加した2作 『All Over the Place』(Columbia CS-8300)と『The Hi-Lo’s and All That Jazz』(Columbia CS-8077)をカップリング!
曲目
  1. 01:Bali Ha’i (Richard Rodgers-Oscar Hammerstein Ii) 3:13
  2. 02:How Are Things In Glocca Morra? (E. Y. “Yip” Harburg-Burton Lane) 3:26
  3. 03:My Little Grass Shack In Kealakekua, Hawaii (John Avery Noble-Thomas J.Harrison-Bill Cogswell) 2:39
  4. 04:Sand In My Shoes (Frank Loesser-Victor Schertzinger) 2:47
  5. 05:Autumn In New York(Vernon Duke) 3:28
  6. 06:April In Fairbanks (Murray Grand) 2:54
  7. 07:Italian Street Song (Rida Johnson Young-Victor Herbert) 2:18
  8. 08:Massachusetts (C. L. Roberts-Andy Razaf) 2:18
  9. 09:Isle Of Capri (Jimmy Kennedy-Will Grosz) 3:00
  10. 10:A Nightingale Sang In Berkeley Square (Manning Sherwin-Eric Maschwitz) 3:36
  11. 11:Dixie (Traditional) 3:20
  12. 12:Island In The West Indies (Vernon Duke-Ira Gershwin) 2:22
  13. 13:Fascinatin’ Rhythm (George & Ira Gershwin) 3:17
  14. 14:Small Fry (Hoagy Carmichael-Frank Loesser) 3:22
  15. 15:Something’s Coming [From West Side Story] (Leonard Bernstein-Stephen Sondheim) 2:47
  16. 16:Love Locked Out (Max Kester-Ray Noble) 3:21
  17. 17:Lady In Red (Mort Dixon-Allie Wrubel) 3:04
  18. 18:Agogically So (Clare Fischer) 3:19
  19. 19:Some Minor Changes (Marty Paich) 2:53
  20. 20:Then I’ll Be Tired Of You (E.Y. “Yip” Harburg-Arthur Schwartz) 4:33
  21. 21:Mayforth (Clare Fischer) 4:11
  22. 22:Moon-Faced, Starry-Eyed (Kurt Weill-Langston Hughes) 2:18
  23. 23:Summer Sketch (Russ Freeman) 3:40
  24. 24:Of Thee I Sing (George & Ira Gershwin) 2:40

Hamp & Getz
Stan Getz & Lionel Hampton
Hamp & Getz

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Stan Getz(ts), Lionel Hampton(vib), Lou Levy(p), Leroy Vinnegar(b), Shelly Manne(ds) Los Angeles, August 1, 1955. *Bonus Album (6-17): Stan Getz Plays Stan Getz(ts), Jimmy Raney(g), Duke Jordan(p), Bill Crow(b), Frank Isola(ds) New York, December 12 & 29, 1952.
商品紹介
≪21世紀の新ジャケ名盤シリーズ≫Jazz Images Jean-Pierre Leloirのレア写真をジャケにした CDタイトル新規リリース!!
≪Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection≫ ★スタン・ゲッツとライオネル・ハンプトンというレアな組み合わせと思わせるノーマン・グランツの企画力が光る『ハンプ&ゲッツ』から5曲、52年録音、ジミー・レイニーとのコラボで高い人気を誇る『スタン・ゲッツ・プレイズ』から12曲を収録。 ジャケット写真は58年パリのStudio Hocheでのスタン・ゲッツのワンショット。中(及び裏)ジャケットには1954年パリ・オランピア劇場の決定的瞬間をとらえた写真を使用しています。
曲目
  1. 01:Cherokee (9:21)
  2. 02:Ballad Medley (8:14)
    Tenderly [Getz Feature]
    Autumn In New York [Getz Feature]
    East Of The Sun [Hampton Feature]
    I Can’t Get Started [Hampton Feature]
  3. 03:Louise (6:53)
  4. 04:Jumpin’ At The Woodside (8:30)
  5. 05:Gladys (7:49)
  6. 06:Stella By Starlight (2:47)*
  7. 07:Time On My Hands (3:01)*
  8. 08:‘Tis Autumn (3:17)*
  9. 09:The Way You Look Tonight (3:07)*
  10. 10:Lover Come Back To Me (3:00)*
  11. 11:Body And Soul (3:20)*
  12. 12:Stars Fell On Alabama (3:27)*
  13. 13:You Turned The Tables On Me (3:01)*
  14. 14:Thanks For The Memory (3:23)*
  15. 15:Hymn Of The Orient (2:59)*
  16. 16:These Foolish Things (3:26)*
  17. 17:How Deep Is The Ocean? (2:49)*

Them Dirty Blues
Cannonball Adderley
Them Dirty Blues

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Nat Adderley(corn), Bobby Timmons(p 2,4,6), Barry Harris(p 1.3.5.7),Sam Jones(b), Louis Hayes(ds) New York, February-March 1960. *Bonus Album (8-14): Cannonball Takes Charge Cannonball Adderley(as), Wynton Kelly(p), Paul Chambers(b), Percy Heath (b), Jimmy Cobb(ds), Albert “Tootie” Heath(ds) New York, April-May 1959.
商品紹介
≪21世紀の新ジャケ名盤シリーズ≫Jazz Images Jean-Pierre Leloirのレア写真をジャケにした CDタイトル新規リリース!! ≪Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection≫ ★1960年録音の『Them Dirty Blues』と、59年録音の『Cannonball Takes Charge』の全曲を収録。キャッチーなメロディでジャズ史上の名曲となっているWork Songを冒頭に収録しているのも、この企画の面白さ。 ジャケット写真は60年11月25日、パリのサレ・プレイエルでの写真。中(及び裏) ジャケットには1961年パリのオランピア劇場での写真が使われています。
曲目
  1. 01:Work Song (5:09)
  2. 02:Dat Dere (5:33)
  3. 03:Easy Living (4:24)
  4. 04:Del Sasser (4:45)
  5. 05:Jeannine (7:19)
  6. 06:Soon (5:38)
  7. 07:Them Dirty Blues (7:14)
  8. 08:If This Isn’t Love (5:34)*
  9. 09:I Guess I’ll Hang My Tears Out To Dry (5:37)*
  10. 10:Serenata (4:18)*
  11. 11:I’ve Told Every Little Star (3:41)*
  12. 12:Barefoot Sunday Blues (7:05)*
  13. 13:Poor Butterfly (5:13)*
  14. 14:I Remember You (6:53)*

The Real Ambassadors
Louis Armstrong & Dave Brubeck
The Real Ambassadors

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Louis Armstrong(tp, vo), Carmen Mcrae(vo), Dave Lambert(vo), Jon Hendricks(vo), Annie Ross(vo),Trummy Young(tb, vo), Joe Darensbourg(cl), Dave Brubeck(p), Billy Kyle(p), Eugene Wright(b), Irving Manning(b), Joe Morello(ds), Danny Barcelona(ds) New York, July-December, 1961. *Bonus Tracks (16-20): 16: Paul Desmond(as), Dave Brubeck(p), Norman Bates(b), Joe Morello(ds) New York, November 16, 1956. 17-20: Carmen Mcrae(vo), Paul Desmond(as), Dave Brubeck(p), Eugene Wright(b), Joe Morello(ds) New York, September 9, 1960.
商品紹介
≪21世紀の新ジャケ名盤シリーズ≫Jazz Images Jean-Pierre Leloirのレア写真をジャケにした CDタイトル新規リリース!! ≪Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection≫
★1961年7月から12月に録音されたルイ・アームストロングの『The Real Ambassadors』と、1960年9月9日に録音されたデイヴ・ブルーベックの『Tonight Only』を中心にしてコンパイル。『The Real Ambassadors』ではルイ・アームストロングとカーメン・マクレイ、またランバート・ヘンドリックス&ロスが共演。『Tonight Only』は、デイヴ・ブルーベック・カルテットをバックに、カーメン・マクレイがゲスト参加しています。 ジャケット写真は1960年に映画『パリ・ブルー』への出演の時にパリに滞在したルイ・アームストロングのワンショット。中(及び裏) ジャケットには1966年11月13日、サレ・プレイエルでの写真を使用しています。
曲目
  1. 01:Everybody’s Comin’ (1:50)
  2. 02:Cultural Exchange (4:44)
  3. 03:Good Reviews (2:11)
  4. 04:Remember Who You Are (2:37)
  5. 05:My One Bad Habit (2:43)
  6. 06:Summer Song (3:19)
  7. 07:King For A Day (3:43)
  8. 08:Blow Satchmo (0:49)
  9. 09:The Real Ambassador (3:15)
  10. 10:In The Lurch (2:33)
  11. 11:One Moment Worth Years (4:23)
  12. 12:They Say I Look Like God (5:31)
  13. 13:Since Love Had Its Way (2:36)
  14. 14:I Didn’t Know Until You Told Me (3:04)
  15. 15:Swing Bells/Blow Satchmo/Finale (6:05)
  16. 16:Summer Song [Instrumental Version] (6:09)*
  17. 17:Weep No More (2:56)*
  18. 18:Briar Bush [Aka Southern Scene] (3:01)*
  19. 19:Paradiddle Joe (2:09)*
  20. 20:Strange Meadowlark (2:42)*

Abbey Is Blue
Abbey Lincoln
Abbey Is Blue

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Abbey Lincoln, vocals on all tracks, with: Collective personnel: Kenny Dorham(tp), Tommy Turrentine(tp), Julian Priester(tb), Stanley Turrentine(ts), Phil Wright(p), Wynton Kelly(p), Cedar Walton(p), Les Spann(g, fl), Sam Jones(b), Bobby Bosswell(b), Philly Joe Jones(ds), Max Roach(ds) New York, March-May 1959. *BONUS ALBUM (11-17): Straight Ahead Abbey Lincoln(vcl), Booker Little(tp), Julian Priester(tb), Eric Dolphy(as, b-cl, fl, pic), Walter Benton(ts), Coleman Hawkins(ts), Mal Waldron(p, arr), Art Davis(b), Max Roach(ds), Roger Sanders(cga), Robert Whitley(cga) New York, February 22, 1961.
商品紹介
≪21世紀の新ジャケ名盤シリーズ≫Jazz Images Jean-Pierre Leloirのレア写真をジャケにした CDタイトル新規リリース!! ≪Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection≫
★魂のヴォーカリスト、アビーリンカーンの初期作品『Abbey is Blue』の全曲と、『Straight Ahead』をカップリング。 ジャケット写真は1964年1月18日、パリ郊外のル・ブルジェ空港での写真、また中(及び裏) ジャケットには同日のORTF(=Office de Radiodiffusion Télévision Française、フランス放送協会)のスタジオ写真を使用しています。
曲目
  1. 01:Afro Blue (3:21)
  2. 02:Lonely House (3:42)
  3. 03:Let Up (5:32)
  4. 04:Thursday’s Child (3:33)
  5. 05:Brother, Where Are You? (3:12)
  6. 06:Laugh, Clown, Laugh (5:26)
  7. 07:Come Sunday (5:15)
  8. 08:Softly, As In A Morning Sunrise (2:48)
  9. 09:Lost In The Stars (4:12)
  10. 10:Long As You’re Living (2:36)
  11. 11:Straight Ahead (5:28)*
  12. 12:When Malindy Sings (4:09)*
  13. 13:In The Red (8:35)*
  14. 14:Blue Monk (6:42)*
  15. 15:Left Alone (6:52)*
  16. 16:African Lady (3:50)*
  17. 17:Retribution (3:49)*

The Soul Of Toots Thielemans
Toots Thielemans
The Soul Of Toots Thielemans

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Toots Thielemans(hca, el-g, whistling), Ray Bryant(p), Tommy Bryant(b), Oliver Jackson(ds) New York, October/November 1959. *bonus tracks: 10-13: Toots Thielemans(hca), Hank Jones(p), Doug Watkins(b), Art Taylor(ds) New York, January 22, 1958. 14-17: Toots Thielemans(hca), Ray Bryant(p), Wendell Marshall(b), Bill Clark(ds) New York, April 1955.
商品紹介
≪21世紀の新ジャケ名盤シリーズ≫Jazz Images Jean-Pierre Leloirのレア写真をジャケにした CDタイトル新規リリース!! ≪Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection≫
★1959年録音の『The Soul of Toots Thielemans』全曲と、58年録音『Time Out for Toots』の4曲、55年録音のデビュー作品『The Sound』の4曲をカップリング。『The Sound』の原盤はホーンズの入った楽曲が約半数ありますが、ここでは、カルテットで演奏された楽曲のみを収録し、全17曲全曲カルテットでの演奏で固めてコンパイルしています。 ジャケット写真は1961年4月パリのDes Damesスタジオでの一場面。若きトゥーツも笑顔が印象的です。
曲目
  1. 01:You Are My Sunshine (5:19)
  2. 02:Nuages (5:24)
  3. 03:Five O’Clock Whistle (4:37)
  4. 04:Soul (4:58)
  5. 05:Lonesome Road (4:23)
  6. 06:Misty (2:59)
  7. 07:Confirmation (6:34)
  8. 08:Les Enfants S’ennuient Le Dimanche (4:55)
  9. 09:Brother John (2:14)
  10. 10:In A Sentimental Mood (3:18)*
  11. 11:Cool And Easy (2:57)*
  12. 12:Tangerine (2:40)*
  13. 13:Can’t Help Lovin’ Dat Man (3:03)*
  14. 14:Don’t Be That Way (4:40)*
  15. 15:Scotch On The Rocks (2:51)*
  16. 16:Diga Diga Doo (4:32)*
  17. 17:Sonny Boy (4:20)*
  18. 18:0
  19. 19:0
  20. 20:0

Rio - Só Vim Matar A Saudade
Ulla Haesen
Rio - Só Vim Matar A Saudade

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Ulla Haesen(vo, g), Hendrik Meurkens(hca), Gabriel Pérez(sax, fl), Lula Galvão(g), Nelson Faria(g), Jesse Milliner(p), Decebal Badila(b), Francesco Petrocca(b), Alfonso Garrido(perc), Jürgen Schuld(perc), Kiko Freitas(ds)
商品紹介
ドイツを拠点とするシンガー&ギタリスト ブラジルへの思いをこめたMPB人気曲を中心にした一作
★ドイツを拠点に活動するギタリスト&シンガー、Ulla Haesenによる最新作品。現在までインディペンデント・レーベルでのリリースでしたが、今回、名門Jazz Lineからのリリースとなりました。
★タイトルと、選曲が示すように、ブラジル音楽に深い憧れを持つ彼女。長年の憧れの気持ちをもってリオに旅に出て、ブラジル音楽を学ぶと共に、現地の空気から、様々なものを感じ取ったとのことです。
★本作は、彼女自身、キコ・フレイタスを筆頭に、彼女が実際にリオで出会い、ドイツを訪れた3人のミュージシャンを招いて、実現。イヴァン・リンス、マルコス・ヴァリ、ジョイス・モレーノ、そしてトニーニョ・オルタといったブラジルを代表する現代MPBアーティストの楽曲を10曲収録しています。
★ブラジル音楽が本来的にもっているメロディ/リズムとサウダージな感覚を、ヨーロッパ生まれのアーティストらしくソフィスティケートしたフィーリングでアレンジした軽やかさが印象的な一作。どの曲もシンプル。カフェ・ミュージックとしても心地いい風合いがあります。
web:http://www.ullahaesen.de/
曲目
  1. 01:Ela È Minha Cara (Ronaldo Bastos / Celso Fonseca) (3:37)
  2. 02:Disfarça E Vem (Ronaldo Bastos / Marcos Valle) (4:21)
  3. 03:Rio – Só Vim Matar A Saudade (Music: Nelson Faria / Lyrics: Gustavo Baião) (3:39)
  4. 04:Valeu (Marcos Valle / Joyce Silveira Moreno) (4:42)
  5. 05:Aquelas Coisas Todas (Toninho Horta) (4:32)
  6. 06:Lembra De Mim (Ivan Lins / Vitor Martins) (4:25)
  7. 07:Os Grilos (Ray Gilbert / Marcos Valle / Paulo Sergio Valle) (3:46)
  8. 08:Rio De Janeiro (Music: Ary Barroso / Lyrics: Ary Barroso / N. Washington) (3:57)
  9. 09:O Ronco Da Cuíca (João Bosco / Aldir Blanc) (4:05)
  10. 10:Estrela Guia (Ivan Lins / Vitor Martins) (4:38)
ムービー

Musique d'Afrique
Mokhtar Samba
Musique d'Afrique

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Mokhtar Samba(ds, background vocals), Reda Samba(perc, ds 3), Rhani Krija(perc), Henry Dorina(el-b),Jean Philippe Rykiel(key, synth), Woz Kaly( lead an background vocals) WDR Big Band Cologne Recorded August 2015 at the Philharmonie, Cologne, Germany Mixed at WDR Studio 4 in July 2016
商品紹介
Y.ンドゥールを敬愛しザヴィヌル・シンジケートの一翼も担った ドラマーのWDRビッグ・バンドとの共演
★モロッコ、セネガルをルーツにもつ、ドラマー&パーカッショニスト、Mokhtar SambaとWDRビッグ・バンドの共演作。
★ユッスー・ンドゥールとも共演歴をもちその音楽にインスパイアされ続けていると同時に、パティ・スミスや、マライア・キャリーといった超ビッグ・シンガーのバックもつとめるということがミュージシャンとしてのポテンシャルの高さを物語って余りあります。またジャコ・パストリアスとも共演歴があり、ザヴィヌル・シンジケートのメンバーとしても活動。リチャード・ボナらを擁した90年代半ばの一角を担っていたことも実力の証を感じます。
★本作は、そんなMokhtarが自らリーダーに立って、ジョー・ザヴィヌルの遺志を継いだような一演奏。思い返せば、ジョー・ザヴィヌルは生前最後にアブソリュート・アンサンブルとの共演により、クラシックのアンサンブルとザヴィヌルが切り拓いてきたワールド・クロスオーバー・アンサンブルの融合を目指してきましたが、WDRビッグ・バンドとの共演によって、本作は、Mokhtarの考える、その延長線の演奏とも見えます。その名もSuite for Africa~アフリカ組曲~と題されたナンバーをはじめ、アフリカの鼓動を感じさせるヴォイスもフィーチャーし、グルーヴ感も満載に、クロス・オーバーな演奏をみせてくれる一作です。
web:https://www.mokhtarsamba.net/
曲目
  1. 01:Valse des Pharaons (8:04)
  2. 02:Senegal (9:03)
  3. 03:Emattéo (9:11)
  4. 04:Suite for Africa (10:33)
  5. 05:Dou (10:43)
  6. 06:Thé á la menthe (7:52)
  7. 07:Malik (9:29)
ムービー

It's All About Love
Maceo Parker
It's All About Love

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Maceo Parker (as & vo) , Carroll Dashiell (e-b), Paul Shigihara (g), Frank Chastenier (piano & hammond B3), Cora Coleman (ds) WDR Big Band Cologne arranged & conducted Michael Abene trumpet: Wim Both, Rob Bruynen, Andy Haderer, Ruud Breuls, Frank Wiese, trombone: Ludwig Nuss, Andy Hunter, Shannon Barnett bass trombone: Mattis Cederberg alto sax, woodwinds: Johan Hörlen, Karolina Strassmayer, Olivier Peters, Paul Heller baritone sax, woodwinds: Jens Neufang percussion: Marcio Doctor
商品紹介
帝王ジェームス・ブラウンのバック・ホーンズJB'sをはじめ ジョージ・クリントンや、プリンス等々・・・ 名サポーターであり、自らもまぎれもないアイコンである メイシオ・パーカー75歳アニヴァーサリー with WDR Big Band ソウル&ファンクな2004年以来初のスタジオ録音!
★ジャズ/ソウル界の大御所、メイシオ・パーカーの久々の新作!スタジオ録音としては、2004年以来で、実に10年あまりの時を越えています!
★言うまでもなく、60年代、帝王ジェームス・ブラウンのバック・ホーンズ、JB’sのメンバーであり、ジョージ・クリントン、プリンスとも共演。その存在は、親分のジェームス・ブラウンと共に、まさしくアイコン!90年代は、当時のソウル・ジャズ・ブームにものって、ソロ作として数々の名作をリリース。『ルーツ・リヴィジテッド』をはじめ、ケルンのライヴハウスをアトランタ化させたともいわれる演奏を収録した『ライフ・オン・プラネット・グルーヴ』などは、全盛のソウル/ファンクにどっぷりハマったファンの記憶にいまなお、刻まれている存在といえるでしょう。
★そんなメイシオも、今年2018年2月14日で、75歳!ジャケットからは、お年を召した姿を感じますが、その芸風には変化なし!!曲目も示す通り、ジョニー・テイラー、ボビー・ウーマック、アイズレー・ブラザーズ、スティーヴン・スティルズ、そして、最近、ジャズのフィールドでもよくカヴァーされるスティーヴィー・ワンダーの“イズント・シー・ラヴリー”まで!
★オープニングで飛び出す“フーズ・メイキング・ラヴ”でつかみも抜群!バックにはドイツの名門WDRビッグ・バンドの面々がついたホーンズ、ドラムには、プリンスやビヨンセのバックもつとめたコラ・コールマンを従えて、往時のグルーヴ感を最大限追随。ハモンドの音もレトロ感を醸し出す中、御大メイシオは、サックスはもちろん、ヴォーカルも味に飛ばしていきます!
★ヨーロッパ録音、ヨーロッパのメンバーを中心とすることにより、泥臭さというより、ソフィスティケートされた印象ですが、名曲が放つメロディの力は甚大!ボビー・ウーマック作、ウィルソン・ピケットのヒット曲“アイム・イン・ラヴ”など、メロウな演奏の極み。オリジナルも思わず聴いてみたくなるような、安定感も抜群の一枚です!
Recoded November 2-9, 2017 at WDR Studio
web:http://maceoparker.com/
曲目
  1. 01:Who’s Making Love (Homer Banks, Bettye Crutcher) (5:51)
  2. 02: I’m In Love (Bobby Womack) (6:32)
  3. 03:Gonna Put Your Lovin’In The Lay Away (O’Kelley Isley, Ronald Isley & Rudolph Isley) (11:23)
  4. 04:Love The One You’re With (Stephen Stills) (6:15)
  5. 05:Love Won’t Let Me Wait (Vinnie Barrett & Robby Eli) (4:14)
  6. 06:Isn’t She Lovely (Stevie Wonder) (5:32)
  7. 07:I Love You A Bushel And A Peck (Frank Loesser) (5:48)

Alive In The House Of Saints Part 2
Myra Melford
Alive In The House Of Saints Part 2

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Myra Melford(p), Lindsey Horner(b), Reggie Nicholson(ds)
商品紹介
才女マイラ・メルフォード・トリオの代表作がリマスターされて登場!
ドン・プーレンとアート・ランディに師事
瞬発力抜群で、かつメロディアスな即興劇、音数の多さと軽やかさの同居
鍵盤の上を自由に舞い、めくるめく展開を見せる才女の演奏
★『Alive In The House Of Saints Part 1』と同日録音のライヴと、その2日前のライヴを合わせた全6曲。
★めくるめくように鍵盤の上を華麗に駆け巡る演奏、パーカッシヴな力強さと軽やかさ、そして、スピード感。才女マイラ・メルフォードの魅力がぎっしり詰まった作品。再びリマスターされて、堂々の復活です。
All titles composed by Myra Melford
1–4 recorded live on February 5, 1993
5–6 recorded live on February 3, 1993
Remix & new CD master December 2000
2018, 3rd Edition remastered
曲目
  1. 01:Breaking Light (8:57)
  2. 02:Some Kind Of Blues (9:39)
  3. 03:That The Peace (10:44)
  4. 04:And Silence (12:11)
  5. 05:Now & Now 2 (6:53)
  6. 06:Live Jump (12:19)

Alive In The House Of Saints Part 1
Myra Melford
Alive In The House Of Saints Part 1

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Myra Melford(p), Lindsey Horner(b), Reggie Nicholson(ds)
商品紹介
才女マイラ・メルフォード・トリオの代表作がリマスターされて登場!
ドン・プーレンとアート・ランディに師事
瞬発力抜群で、かつメロディアスな即興劇、音数の多さと軽やかさの同居
鍵盤の上を自由に舞い、めくるめく展開を見せる才女の演奏

★1957年生まれの鬼才女流ピアニスト、マイラ・メルフォードのHat Hut Recordsの作品が、リマスターされて登場!
★ドン・プーレンに師事し、80年代半ばにヘンリー・スレッギルのバンドで頭角を現したマイラは、84年にニューヨークに移住。90年代初頭には、若くして才能を認められている。
★アヴァンギャルドなイメージも濃厚にあるものの、シカゴで若き日を過ごした彼女はブルースを身体感覚で身に付け、ブギウギを習い、アート・ランディにも師事するという破格の振り幅を持った才人!Enemy Labelから『Jump』(1990年)『Now & Now』(1991年)をリリースし、一躍世界から注目を集めた。
★本作は、93年に録音され、Hat Hut Recordsでリリースされた話題作。ドン・プーレンから受け継いだパーカッシヴな演奏、類まれなインプロヴィゼーション。音数の多さに比して、驚くほど、軽やかさもある不思議な質感、アヴァンギャルドでありながら、キャッチーさとポップな感覚も兼ね備えたメロディさえあり、スピリチュアリティも感じさせる世界。
★20年経っても新鮮さが全く失われていないのはもちろん、おそらくは、どれだけの時を経ても光を放つに違いない名演名盤。Part2と一対で聴きたい一作!!
All titles composed by Myra Melford. Recorded live on February 5,1993
Remix and new CD master February 2017 3rd Edition, 2017
曲目
  1. 01:Evening Might Still (11:16)
  2. 02:Now & Now 1 (6:50)
  3. 03:Between Now & Then (15:54)
  4. 04:Parts I & II Frank Lloyd (18:50)

Quintet (Basel) 1977
Anthony Braxton
Quintet (Basel) 1977

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Anthony Braxton(as, ss, cl), George Lewis(tb), Muhal Richard Abrams(p), Mark Helias(b), Charles “Bobo” Shaw(ds)
商品紹介
77年ブラクストンのスイス・バーゼル録音!
★1960年代末からヨーロッパ各地を転戦していたアンソニー・ブラクストンは、72年に一旦帰米したものの、翌年には再び渡欧し、米国と行ったり来たりの生活を続けます。そんな彼が自らのレギュラー・グループというものを初めて持ったのは73年の末頃で、ケニー・ウィーラーを加えたクァルテット編成でした。しかしウィーラーは76年にブラクストンの下を去り、代わりにトロンボーンのジョージ・ルイスが加わります。ルイスとのコンビは77年までしか続きませんでしたが、ふたりの相性はすこぶる良く、いくつもの優れたアルバムを残しました。
★これは77年にスイスのバーゼルで録音された作品で、ベースとドラムズは前年のデイヴ・ホランド~バリー・アルトシュルからマーク・ヒライアス~チャールズ・“ボボ”・ショーというコンビに交代していますが、ここではAACMの重鎮リチャード・エイブラムズが加わったクインテットによるパワフルでエッジの鋭い演奏を聴くことができます。
★やはりシカゴでAACMに加わっていたブラクストンはデビュー時からエイブラムズとしばしば共演してきましたが、この時点ではリーダーとして自らの音楽、すなわち抽象度が高く、それでいて感情豊かな音楽をはっきりと前面に押し出して推進させています。
★ルー・ドナルドソンに捧げたComposition 40Bなどに聴かれる“アトーナルなビ・バップ”から“構成されたフリー・ジャズ”まで、5によるテンションの高い演奏は全編スリルいっぱいです。
Compositions by Anthony Braxton
曲目
  1. 01:Composition 69 J
  2. 02:Composition 69 N/G
  3. 03:Composition 69 M
  4. 04:Composition 40 B

Copenhagen Live 1964
Albert Ayler
Copenhagen Live 1964

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Albert Ayler(ts), Don Cherry(corn), Gary Peacock(b), Sunny Murray(ds)
商品紹介
『Prophecy』と『Spiritual Unity』録音の翌年 '64年アイラーのコペンハーゲン・ライヴ!
★1959年に兵役でヨーロッパへ渡ったアルバート・アイラーは、一旦帰米した後1962年にスウェーデンへ戻ってそこを拠点と定め、いくつかのレコーディングも行いましたがなかなか広く認められず、63年には米国に戻ります。しかし続く1964年はアイラーにとって飛躍の年となり、Debutに続いて6月と7月に行ったESPへのレコーディング(『Prophecy』と『Spiritual Unity』)は、ゲーリー・ピーコックとサニー・マレイを加えたトリオによる完成された“アイラー・ミュージック”が聴く者に大きな衝撃を与えました。そしてそれらのレコーディングを終えたアイラーは、ピーコックとマレイを伴って再び渡欧、今度はドン・チェリーを加えたクァルテットでデンマークを中心に活動して次第に多くのファンを獲得していきます。
★その間、このクァルテットはDebut盤『Ghosts』をはじめいくつかの素晴らしいレコーディングを残しましたが、このコペンハーゲンでのライヴ盤もそのひとつ。例によってすべてワン・ワードの曲名が並ぶこのアルバムには、Debut盤と同様、いやそれ以上にアイラー・ミュージックの本質が溢れ出ていて、彼の代表作のひとつになっています。今回はニュー・マスタリングを施した再リリースで、彼らの演奏をさらに生々しく体感できるようになりました。
All compositions by Albert Ayler
曲目
  1. 01:Spirits (8:45)
  2. 02:Vibrations (8:14)
  3. 03:Saints (8:59)
  4. 04:Mothers (7:41)
  5. 05:Children (8:38)
  6. 06:Spirits (1:18)

Modern Lore
Julian Lage
Modern Lore

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Julian Lage(g), Scott Colley(b), Kenny Wollesen(ds, vib) Producer: Jesse Harris
商品紹介
当代屈指の才能、ジュリアン・ラージ最新作! 『アークライト』と同メンバー&プロデューサーでのタッグ再び! ロック、カントリー、フォーク、ジャズ・・ ギターをリード・ヴォイスに、アメリカのスピリッツを自在に盛り込んだ一作
★待望!ジュリアン・ラージの最新作品がいよいよ登場です!
★4歳で父親にギターを与えられ、8歳でドキュメンタリー映画に出演。ゲイリー・バートンに抜擢されてジャズ界でさらに広く知られるところとなりましたが、今や、ジャズという範疇に留まらず、時代を代表する最高峰のギタリストといえましょう。本2017年は、自己のトリオに加えて、パンチ・ブラザーズのクリス・エルドリッジとのデュオでも再来日。マイク1本を前に、精妙かつ芳醇な音楽空間をアコースティック・ギター2本で見せてくれた演奏は、凄まじいテクニックを繰り出しながら、超然として、正に圧巻。また、この秋にはコリングス・ギターから、ジュリアン・ラージのシグネチャー・モデルも発売されたというニュースも飛び込んできました。
★そして本作は、『アークライト』の路線をつきつめる注目作!!
★プロデューサーには再びジェシー・ハリスを迎え、リズム・セクションも、憧れのジム・ホールのバンドで出会ったスコット・コリーとケニー・ウォルセンという不動のトリオ。『アークライト』制作にあたってジュリアンは、バップ以前の楽曲にフォーカスし、ジャズ、フォーク、カントリー・ミュージックといった音楽を包括するようなアメリカン・クラシック的な音楽を聴かせてくれましたが、本作も基本的に同路線。しかし、今回は全曲オリジナル・ナンバーで固め、エレクトリック・ギターをリード・ヴォイスにして新しい世界を切り拓いています。
★ジュリアン自身曰く「本作モダン・ロアでは、オリジナル曲を通して、進化したサウンドになった。これらの曲は、最初の一小節でサウンドの基調を打ち出してしまうようなリトル・リチャードやボ・ディドリーといったアーティストの、初期のロックンロール的なイメージにより強く沿って、描きだした。バンドのサウンドはグルーヴしていて、ギターもよりダイナミックになって爆発している!」とのことですが、その自身の言葉通り、アルバムはオープニングから、アップテンポで、勢いにあふれたカラフルなサウンド。ロックンロールのスピリットも満載しつつ、最高にキャッチーで、カッティングエッジなフィーリングも感じさせます。しかし、そうしたロックなスピリッツや、現代性の中に、様々な要素が混じり合っているのが、ジュリアンの演奏。アメリカの中西部の平原を感じさせるようなカントリー・ムードあり、スペイシーなハーモニーにパット・メセニーやビル・フリゼールあたりの音風景を想起させるナンバーあり、ビートルズ的なセンチメンタルなメロディあり、そうかと思えば、尊敬しているミュージシャンとしてその名をあげるオーネット・コールマンのハーモロディック的な演奏までをも自在に織り込む展開!しかし、それだけの要素がありつつ、一人のアーティストのサウンドとして昇華させているのがジュリアンの才能。ジュリアン自身、「このバンドのサウンドは、万華鏡のよう。でも、メロディは、自分が、実際に歌いやすいメロディを書いた」といっていますが、様々な影響を受けながら、それが自分のものとなっているからこその音楽で、この作品の世界といえそうです。
★正に、21世紀を代表するアーティスト!華々しくデビューを飾り、スケール・アップを続けるジュリアン・ラージから、目を離せそうにありません!!
web:http://www.julianlage.com/
曲目
  1. 01:The Ramble (3:56)
  2. 02:Atlantic Limited (3:51)
  3. 03:General Thunder (5:25 )
  4. 04:Roger The Dodger (4:12)
  5. 05:Wordsmith (4:01)
  6. 06:Splendor Riot (3:56)
  7. 07:Revelry (3:31)
  8. 08:Look Book (3:01)
  9. 09:Whatever You Say, Henry (4:11)
  10. 10:Earth Science (2:15)
  11. 11:Pantheon (4:18)
ムービー

On Film
Miles Davis
On Film

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
MILES DAVIS, trumpet & flugelhorn on all tracks, plus: Collective personnel: John Coltrane, Barney Wilen (ts), Cannonball Adderley (as), J.J. Johnson (tb), Bill Evans, Wynton Kelly, Horace Silver, René Urtreger, John Lewis (p), Paul Chambers, Pierre Michelot, Percy Heath (b) Max Roach, Jimmy Cobb, Art Blakey, Kenny Clarke (ds), the Gil Evans Orchestra, among others. Recorded in New York & New Jersey between 1949 & 1960.
商品紹介
マイルス・デイヴィス・オン・フィルム 映画で聴くことができるマイルスのオリジナル楽曲集大成!
★タイトル通り、映画音楽として使用されたマイルス・デイヴィスの楽曲を網羅した2枚組編集盤。とは言え、映画サウンドトラックとして制作されたものは『死刑台のエレベーター』(1958)[CD2/1-10]のみで、後は80年代以降、様々な映画に登場したマイルス・デイヴィス・ナンバーのオリジナル楽曲を収録している。新しいところでは、『MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間』(2015)、ロバート・デニーロ監督による『ブロンクス物語』(1993)、デヴィッド・フィンチャーの『ゾディアック』(2007)から、ペドロ・アルモドバル監督の2作品『私の秘密の花』(1995)、『ハイヒール』(1991)等々、興味深い映画のタイトルが並んでいる。マイルスのイマジネイティヴな音楽と映画との相性の良さがよくわかる興味深いコンピレーションである。
曲目
  1. CD1 Total Time: 78:45
  2. 01:Miles Ahead (Quartet Version)
  3. 02:So What [1-2: From Miles Ahead (2015)]
  4. 03:Concierto De Aranjuez [From Finding Forrester (2000)]
  5. 04:Blue Haze [From Kerouac –The Movie (1985)]
  6. 05:Flamenco Sketches [From A Bronx Tale (1993)]
  7. 06:Move [From The Last Time I Committed Suicide (1997)]
  8. 07:Nature Boy [From The Talented Mr. Ripley (1999)]
  9. 08:Solea [From La Flor De Mi Secreto – The Flower Of My Secret (1995)]
  10. 09:All Blues [From In The Line Of Fire (1993)]
  11. CD2 Total Time:77:56
  12. 01:Générique
  13. 02:L’Assassinat De Carala
  14. 03:Sur L’Autoroute
  15. 04:Julien Dans L’Ascenseur
  16. 05:Florence Sur Les Champs-Élysées
  17. 06:Dîner Au Motel
  18. 07:Evasion De Julien
  19. 08:Visite Du Vigile
  20. 09:Au Bar Du Petit Bac
  21. 10:Chez Le Photographe Du Motel[1-10: From Ascenseur Pour L’Échafaud (1958)]
  22. 11:It Never Entered My Mind
  23. 12:Well You Needn’t
  24. 13:Tempus Fugit [11-13: From Lenny Bruce – Swear To Tell The Truth (1998)]
  25. 14:Blue In Green [From Ginger & Rosa (2012)]
  26. 15:Solar [From Zodiac (2007)]
  27. 16:Saeta [From Tacones Lejanos –High Heels (1991)]
  28. 17:So What
  29. 18:Medley: The Duke/Blues For Pablo/New Rhumba[17-18: From The Sound Of Miles Davis (TV Movie, 1959)]

Cast Off - Leinen Los
Fabian Schöne
Cast Off - Leinen Los

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Fabian Schöne(as, ss), László Szitkó(p), Friedrich Betz(b), Tobias Frohnhoefer(ds) guest: Axel Schlosser(tp 1,4,5)
商品紹介
ドイツ語圏の若き才能を紹介する≪Jazz thing Next Generation≫ サックス・カルテットにドイツのアクセル・シュロッサー(tp)ゲスト参加
◆今回のジャズ次世代シリーズは、ドイツで活躍するトランペッター、アクセル・シュロッサー(今作では3 曲ゲスト参加)のお墨付き。サックス奏者、Fabian Schöne のワンホーン・カルテットが登場。
◆ Fabian のプレイはビバップの語法からコンテンポラリーまでバランス良く織り交ぜた優等生なスタイルだが、時折見せる熱いブロウなど、“上手い若手”をひとつ越えた魅力が垣間見える。
◆5曲目を除きFabianのオリジナル。楽曲の幅は広く、展開も多く、よく作りこまれている。NY的なハーモニーの中にポップな感性がキラリと光る。タイトル曲の3曲目、ゆったり流れるようなメロディとファンク・ビートが交互に切り替わり、キメで一気に盛り上がる構成が面白い。5曲目はジャズ・スタンダードの“If I Should Lose You”をアレンジしたもの。メロディは残しながらリズミックなアプローチやモーダルなハーモニーを織り交ぜたコンテンポラリーな仕上がりで、ゲストのアクセル・シュロッサーの好演も聴きもの。ポップなメロディとリズムに、さりげなく凝ったコード進行の9曲目など、コンポーザーとしての才能を感じさせます。
All music composed by Fabian Schöne, except 5 by Ralph Rainger
web:https://www.fabianschoene.com/
曲目
  1. 01:Black Flag (6:28)
  2. 02:Hiking Viking (7:11)
  3. 03:Cast Off – Leinen Los (8:03)
  4. 04:Maria (9:24)
  5. 05:If I Should Loose You (7:26)
  6. 06:Pfeif Melodie (6:20)
  7. 07:Waiting (6:04)
  8. 08:Insomnia (6:29)
  9. 09:Skildpadden (7:03)
ムービー

Ballads & Standards
Marc Mommaas - Nikolaj Hess
Ballads & Standards

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Marc Mommaas(ts), Nikolaj Hess(p), Thomas Morgan(b 2,3,6) Vic Juris(g 5)
商品紹介
★オランダ出身のテナー・サックス奏者マーク・モマースと、デンマーク出身のピアニスト,ニコライ・ヘスの双頭リーダー作。ヴィクター・ジュリスとトーマス・モーガンという強力なゲストを迎えたスタンダード・バラード(ミュージシャンズ・コンポジション含む)集。地味に聞こえるが、水面下で行われるやりとりが秀逸で、その音の会話はいつまでも聴いていられるような優しさと興味深さがある。
web:http://www.mommaas.com/
曲目
  1. 01:The Peacocks (Jimmy Rowles)
  2. 02:Ask Me Now (Thelonious Monk)
  3. 03:The Shadow Of Your Smile (Johnny Mandel)
  4. 04:In A Sentimental Mood (Duke Ellington)
  5. 05:Somewhere Over The Rainbow (Harold Arlen)
  6. 06:Never Let Me Go (Jay Livingston)
  7. 07:Body And Soul (Johnny Green)

Fields of Pannonia
Christian Artmann
Fields of Pannonia

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Christian Artmann(fl, as), Gregg Kallor(p), Johannes Weidenmueller(b), Jeff Hirshfield(ds)
商品紹介
★NYを拠点とするフルート奏者/作曲家。幼少期よりクラシックを学び、9歳でソロ・リサイタルを行い、10代でアスペン音楽祭に参加。作曲と即興に魅せられ、バークリー音楽院で学んだ後、2011年『Uneasy Dreams』でデビュー。コンテンポラリー・ジャズな楽曲がほとんどだが、中にはM8のような前半ほぼ即興演奏と思われるテイクもあり。作曲者/プレイヤーとしての幅を見せる作品。
All compositions by Christian Artmann except “August” by Gregg Kallor; “Fum-Fo-Fi” held by Wayne Shorter
web:https://artmannjazz.wordpress.com/
曲目
  1. 01:Fields of Pannonia (8:06)
  2. 02:Fum-Fo-Fi (6:32)
  3. 03:Sarabande (7:42)
  4. 04:Sunya (4:28)
  5. 05:Garuda’s Song (5:48)
  6. 06:Atacama (2:00)
  7. 07:August (8:28)
  8. 08:Vortex (3:39)
  9. 09:November (5:55)
  10. 10:Lullaby for Julian (6:18)

Sayat-Nova: Songs Of My Ancestors
Armen Donelian
Sayat-Nova: Songs Of My Ancestors

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
CD1: Armen Donelian(solo piano)
CD2: Armen Donelian(p), David Clark(b), George Schuller(ds)
商品紹介
★多くの巨匠と共演を重ねたベテラン・ピアニスト、アーメン・ドネリアンによるSunnyside 第10弾。アルメニアの詩人であり吟誦詩人として名声を得たサヤト・ノヴァの楽曲集である。2枚組で、CD1はソロ・ピアノ、CD2は『Oasis』(2007)から活動を続けている、デイヴィッド・クラークとジョージ・シュラーとのピアノ・トリオとなっている。
All Songs Composed By Sayat-Nova, except CD2-M3 Composed by Khachatur Avetisyan All Arrangements Composed By Armen Donelian
web:http://www.armendonelian.com/
曲目
  1. CD 1
  2. 01:Where Do You Come From, Wandering Nightingale? (6:08)
  3. 02:I Have Traveled The Whole World Over (5:37)
  4. 03:Without You, What Will I Do? (6:12)
  5. 04:Surely, You Don’t Say That You Also Cry? (4:18)
  6. 05:I’ll Never Know Your True Worth (6:48)
  7. 06:I Call Lalanin (4:03)
  8. 07:Praised Among All Instruments (6:50)
  9. 08:With The Nightingale You Also Cry (7:30)
  10. 09:Were I Offered Your Weight In Pearls (8:10)
  11. CD 2
  12. 01:King Of Cathay (5:59)
  13. 02:Your Headdress Is Silver And Silk (8:19)
  14. 03:My Sweet Harp (11:46)
  15. 04:You Are Golden And Exotic Brocade (6:05)
  16. 05As Long As I Draw Breath (11:32)
ムービー

Perfectest Herald
9 Horses
Perfectest Herald

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
9 Horses: Joe Brent(10-string mandolin), Sara Caswell(vln 1-4,6,8,9, Hardanger d’amore 2,5,7), Shawn Conley(b) guest: Ben Wittman(perc 1,7,8)
商品紹介
★古典的な枠を越え様々な分野で活躍し、卓越したテクニックと独自の感性でその楽器の可能性を広げ続けるマンドリン奏者/作曲家Joe Brentと、ヴァイオリン, ベースによるトリオ。3つの弦楽器の相性は抜群で、ジャズやクラシックにとどまらないコンポジションを見事なアンサンブルで表現、また即興性も高い。パーカッションの参加によりビート感が増し、曲調の変化が強調された。
9 Horses facebook:https://www.facebook.com/9horses/
曲目
  1. 01:Monochrome Shoe#2 (5:06)
  2. 02:Snow Musik (5:56)
  3. 03:(Movement I) 4K (12:30)
  4. 04:(Movement II) listening to the Elliott Smith discography in reverse order (9:45)
  5. 05:(Movement III) the socket doesn’t know its power until it’s inspired by the plug (5:59)
  6. 06:(Movement IV) when the wolf comes home (9:36)
  7. 07:NaNo (6:36)
  8. 08:every journey is a desperate act (6:16)
  9. 09:Don’t Rush (6:01)
    Music Written by Joe Brent
ムービー

Latina
Cristina Pato
Latina

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Cristina Pato(galician bagpipes, p), Victor Prieto(acco), Edward Perez(b), Eric Doob(ds)
商品紹介
★クラシックのピアニストからスペイン, ガルシア地方のバグパイプ『ガイタ』奏者となったクリスティーナ・パト。Latina 6/8 Suiteは6つの部分で構成され、それぞれヨーロッパからアメリカに移った6/8のリズムを使って異なるスタイルを表している。ラテン語のルーツを持つ人を介して世界各地に渡ったさまざまなリズムを魅力的に探求したパトによる興味深い作品。
Cristina Pato web:http://www.cristinapato.com/en/
曲目
  1. 01:Fandango: Prueba de Fuego
  2. 02:Landó: María Landó
  3. 03:Tanguillo: The High Seas
  4. 04:Joropo-Festejo: Muiñeira de Chantada
  5. 05:Currulao: Currulao de Crisis
  6. 06:Tarantella-Muiñeira: Epilogue
  7. 07:Llegará, llegará, llegará
  8. 08:Let’s Festa
  9. 09:Bonus Track: Tarantella-Muiñeira (without narration)
ムービー

Rambling Confessions
John Hébert
Rambling Confessions

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
John Hébert(b), Jen Shyu(vo), Andy Milne(p), Billy Drummond(ds)
John Hébert web:http://www.johnhebert.com/
商品紹介
★数々の大物ミュージシャンと共演、近年ではフレッド・ハーシュ・トリオのメンバーとしても知られるベーシスト、ジョン・エベールによるカルテット。カーメン・マクレエにインスピレーションを受けたグループということだが、演奏を続けるうちにエイバートのオリジナルが増え、創造的なインタープレイに発展したという。正確かつ柔軟で楽器のようにアンサンブルするヴォーカルは聴きもの。
曲目
  1. 01:September Song (Kurt Weill/Maxwell Anderson)
  2. 02:Fool (Chan Marshall)
  3. 03:When You Love (John Hébert)
  4. 04:Upbeat Down (John Hébert)
  5. 05:Alfie (Burt Bacharach)
  6. 06:Rodger’s Lodge (John Hébert)
  7. 07:Media Luna (John Hébert)
  8. 08:70’s and 80’s Remix (John Hébert)

Songs We Like a Lot
John Hollenbeck
Songs We Like a Lot

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
John Hollenbeck(cond), Theo Bleckmann(vo), Kate McGarry(vo), Uri Caine(p), Gary Versace(melodica, org) The Frankfurt Radio Bigband(hr Bigband)
John Hollenbeck web:http://johnhollenbeck.com/
商品紹介
★ドラマー/ パーカッショニスト兼コンポーザー/ アレンジャーとして確固たる人気を誇るジョン・ホーレンベックと、ドイツの名門hrビッグ・バンドとの共演。タイトルやジャケットを見ての通り、『Songs I Like A Lot』(2013年)の流れを汲む作品。オリジナルの他、シンディ・ローパーやカーペンターズのカヴァーもあり。トニー・ラカトシュ(ts)も参加の、ハイレベルなコンテンポラリー・ビッグ・バンドだ。
曲目
  1. 01:How Can I Keep from Singing
  2. 02:True Colors
  3. 03:Constant Conversation
  4. 04:Close to You
  5. 05:Get Lucky Manifesto
  6. 06:The Snow Is Deep on the Ground
  7. 07:Up, Up and Away

Up Go We
Logan Strosahl
Up Go We

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Logan Strosahl(as), Sam Decker(ts), Andrew Mcgovern(tp),Michael Sachs(cl), Nick Sanders(p, org), Henry Fraser(b), Connor Baker(ds)
商品紹介
★1989年、シアトル生まれのサックス奏者、Logan Strosahlのセプテット。デューク・エリントンとヘンリー・パーセル(バロック時代におけるイングランドの作曲家)に影響を受けたという彼のコンポジションは室内音楽的で、細部まで作りこまれながらも柔軟で即興性も高い。唯一のスタンダード“煙が目にしみる”はワンホーン・カルテットで。遊び心溢れるプレイは聴きものだ。
曲目
  1. 01:I Miss You (2:53)
  2. 02:Bildung (4:22)
  3. 03:The Leaves Be Green (3:08)
  4. 04:M.M: Ground (3:44)
  5. 05:Up Go We (6:27)
  6. 06:Note-Against-Note A3 (for lyle) (1:24)
  7. 07:Moon (4:19)
  8. 08:DK’s Jungle Jewel (2:48)
  9. 09:DK’s Jungle Nights (4:16)
  10. 10:Smoke Gets In Your Eyes (5:34)

Mingus Sings
Ku-Umba Frank Lacy & Mingus Big Band
Mingus Sings

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Frank Lacy(vo), Jack Walrath(tp), Alex Norris(tp), Lew Soloff(tp), Craig Handy(sax), Wayne Escoffery(sax), Ronnie Cuber(sax), Alex Foster(sax), Abraham Burton(sax), Conrad Herwig(tb), Colin Allured(tb), Earl McIntyre(tb), Helen Sung(p), David Kikoski(p), Mike Block(b), Boris Kozlov(b), Donald Edwards(ds)
商品紹介
★長年ミンガス・ビッグバンドにトロンボーン奏者として所属するクウンバ・フランク・レイシーをヴォーカルとしてフィーチャーした作品。ベーシスト、作曲家としては言わずもがなだが、今作では詩人としてのミンガスにスポットを当てる。3,4,8,12曲目はミンガスの作詞。個性的な楽曲とクウンバの温かなヴォーカルがよくマッチしている。
曲目
  1. 01:Consider Me (Charles Mingus)
  2. 02:Dizzy Profile (Doug Hammond / Charles Mingus)
  3. 03:Weird Nightmare (Charles Mingus)
  4. 04:Portrait (Charles Mingus)
  5. 05:Goodbye Pork Pie Hat (Charles Mingus / Joni Mitchell)
  6. 06:Sweet Sucker Dance (Charles Mingus / Joni Mitchell)
  7. 07:Invisible lady (Elvis Costello / Charles Mingus)
  8. 08:Duke Ellington’s Sound of Love (Charles Mingus)
  9. 09:Dry Cleaner from Des Moines (Charles Mingus / Joni Mitchell)
  10. 10:Noonlight (Charles Mingus / Sue Mingus)
  11. 11:Chair In the Sky (Charles Mingus / Joni Mitchell)
  12. 12:Eclipse (Charles Mingus)
  13. 13:Jelly Roll (Elvis Costello / Charles Mingus)

El Bardo
Aldo del Rio
El Bardo

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Aldo del Rio(vo, g) 他
商品紹介
★キューバ音楽“ソン”の名手、アルド・デル・リオによるアフロ・キューバン作品。今作は、過去80年にわたってキューバで長年にわたり人気を集めてきた曲集で、ギター、ヴォーカル、パーカッション主体の小編成アンサンブルによる伝統的なキューバ音楽を存分に楽しめる。
曲目
  1. 01:Aurora
  2. 02:Tómame O Déjame
  3. 03:Deja Que Hablen De Mi
  4. 04:Si Me Pudieras Querer
  5. 05:Congo De Ampanga
  6. 06:El Bardo
  7. 07:El Aguacero
  8. 08:Mia
  9. 09:Tu Eres Plante Na’Ma
  10. 10:Lagrimas Negras
  11. 11:Cayetano Baila Bembé
  12. 12:a Rosa Oriental

Dialogue
Laurent Coq
Dialogue

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Laurent Coq(p), Ralph Lavital(g), Nicolas Pelage(vo 1,4,7,9,11)
商品紹介
★フランス生まれの実力派ピアニスト、ローラン・コックによる、ギターとのデュオ+ヴォーカルとのトリオ作。ジャズと西インドの音楽スタイルをブレンドし、カリビアンな雰囲気も漂うユニークなサウンド。独特な温かさをもつヴォーカルの自然な表現も聴きもの。
曲目
  1. 01:Mwen Two Kontan (4:44)
  2. 02:Carrousel (6:49)
  3. 03:Refuge (5:20)
  4. 04:Mazouk Pitché (4:57)
  5. 05:Dialogue (4:57)
  6. 06:Tree Therapy (6:12)
  7. 07:Sa Ké Alé (3:43)
  8. 08:Préchotin (5:23)
  9. 09:Souvenirs Ti Manmay (5:48)
  10. 10:Escalade (5:15)
  11. 11:Maurice (3:08)
ムービー

The Talk of the Town
Sal Mosca
The Talk of the Town

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Sal Mosca (solo piano)
商品紹介
レニー・トリスターノのプレイ・スタイルと音楽哲学を継承し そして発展させたピアニスト、サル・モスカのピアノ・ソロ・ライブ クール・ジャズ・ファンのみならず、ジャズ・ピアノ・ファン そして全てのジャズ・ピアニスト必聴盤 極上のピアノ・ソロにして、至高のミュージシャンズ・ミュージック
◆サル・モスカは、リー・コニッツやウォーン・マーシュなどと共にジャズを学んだ、最初期のレニー・トリスターノ・スクールの生徒であり、トリスターノのプレイ・スタイルと音楽哲学を継承し、そして発展させた、数少ないピアニストである。コニッツのいくつかのアルバムなどに参加しているが、活動歴に対してレコーディングがあまりにも少ない。
◆トリスターノ・スクール時代は、コニッツやマーシュと共にライブを行い、バードランドではしばしばチャーリー・パーカーのバンドと一緒になったという。また、ヴィレッジ・ヴァンガードでも頻繁に演奏した。しかしその後は、商業的なオファーをいくつも断り、音楽の指導をしながら、自己の表現を追求し続けた。
◆その後のレコーディングは、1971年、コニッツとのアルバム『Spirits』、80年代にマーシュとの共演作がいくつか、その他サイドマンとしての僅かな作品と、これまた僅かな自身のソロ、トリオ・アルバムのみである。
◆今作は、1992年11月14日、アムステルダムでのピアノ・ソロ・ライブを記録したものだ。内容も録音状態も完璧なものがこうして残っていたこと、そしてリリースされたことを本当に嬉しく思う。
◆一見地味に聞こえるが、内に秘めた即興性と表現力は半端ではない。それは単なるスケール・アウトや、奇抜なリハーモナイズとは一線を画した、本物のインプロヴァイズである。音選びだけでなく、ひとつひとつのトーン・クオリティにも徹底的にこだわり、音色、ダイナミクス、音価などの音楽的要素を自在にコントロールしている。それはあまりにも自然で、耳馴染みの良い音楽として聞き流すことも出来てしまうが、真剣に聴くと、聴く度に新しい発見のある非常に深い音楽である。 ◆選曲はよく知られたジャズ・スタンダードばかりで、レスター・ヤングでおなじみの“Ghost of a Chance”や、“Donna Lee”、“Scrapple from the Apple”、“Night In Tunisia”などのビバップの名曲を取り上げている点は興味深い。トリスターノ・スクールではレスターやチャーリー・パーカーなどのソロを徹底的に研究したというが、この選曲からも、その時代に学んだことが、サル・モスカの音楽の軸になっていることがわかる。“Topsy”や“Sweet and Lovely”など、過去にコニッツやマーシュとレコーディングした曲を取り上げているのも嬉しい。また、テーマからも溢れ出る即興性は流石という他ない。
◆生涯、自身の音楽を追求し続けた孤高のピアニスト、サル・モスカによる、極上のピアノ・ソロにして、至高のミュージシャンズ・ミュージックである。
◆Sal Mosca-2007年7月28日、80歳没。
曲目
  1. [DISC1]
  2. 01:Ghost of a Chance
  3. 02:Love Me or Leave Me
  4. 03:Sweet Georgia Brown
  5. 04:Stella’s Blues / Donna Lee
  6. 05:Donna Lee
  7. 06:Gone With the Wind
  8. 07:Topsy
  9. 08:I Got Rhythm
  10. 09:Medley (1) Over The Rainbow I Can’t Get Started
  11. 10:Scrapple from the Apple
  12. 11:Cherokee
  13. [DISC2]
  14. 1:Medley (2) Stardust, Dancing In the Dark, Too Marvelous For Words, I Cover the Waterfront, It’s the Talk of the Town, Somebody Loves Me, I Never Knew, Lullaby in Rhythm
  15. 2:Medley (3) Sweet and Lovely, The Man I Love, Groovin High
  16. 3:I’ll Remember April / Limehouse Blues
  17. 4:Medley (4) All the things you are, A Night in Tunisia,
  18. 5:Medley (5)Yesterdays, Sunnyside of the Street
  19. 6:Tea for Two
  20. 7:Love For Sale

Life And Happiness Of Julian Tuwim
Štěpánka Balcarová
Life And Happiness Of Julian Tuwim

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Małgorzata Hutek(vo), Štěpánka Balcarová(tp), Marcel Bárta(ts, ss, cl, b-cl),
Robert Fischmann(fl, alto fl, piccolo),
Nikola Kołodziejczyk(p), Jaromír Honzák(b), Grzegorz Masłovski(ds)
商品紹介
★2000年代末から数々の賞を受けてきた女性トランペット奏者が挑んだコンセプト・アルバム
★クインテットのインナー・スペーシズやコンセプト・アート・オーケストラのリーダーとして活躍するステパンカ・バルカロバの、個人名義作によるデビューとなります。ポーランド・グラミー受賞作曲家のピアニストと、チェコのトップ・ベーシストからなるリズム・セクションに、サックス、フルート、クラリネットが加わった編成で、シリアスなコンテンポラリー・サウンドが特徴。抒情詩、風刺詩、児童詩の分野で優れた業績を残したポーランドの詩人ユリアン・トゥヴィムの詩作品とオリジナル曲を組み合わせて、透き通った情感豊かな同国語の女性ヴォーカル&スキャットと共に、ジャジーに展開します。中でもトランペットが力強く鳴り響き、ソプラノが燃え上がるM-4「私の人生」は必聴です。
★英語訳の歌詞を掲載したブックレットも充実の、美しいデジパック仕様です。
All music composed by Štěpánka Balcarová and Julian Tuwim
曲目
  1. 01:Czeresnie (5:42)
  2. 02:Zycie (5:22)
  3. 03:Trawa (5:55)
  4. 04:Zycie Moje (8:42)
  5. 05:Moment (5:37)
  6. 06:Szczescie (7:51)
  7. 07:Ptak (4:40)
  8. 08:Wszystko (14:17)
  9. 09:Chrystusie… (6:04)
ムービー

Use The Moment
Rostislav Fraš
Use The Moment

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
Rostislav Fraš
Rostislav Fraš(ts), Antonio Faraò(p), Josef Fečo(b), Jeff „Tain“ Watts(ds)
商品紹介
アントニオ・ファラオ- ジェフ“テイン”ワッツ参加!!2人が共演した99年作品“Black Inside”のタイトル曲も!チェコの重量級テナー奏者によるワンホーン・カルテット
★チェコのトップ・テナー奏者が魅力的なインターナショナル・カルテットを結成
★1975年生まれのロスティスラフ・フラスは、ビッグ・バンドの経験が豊かな実力者。これがお披露目となるカルテットは、日本でも人気が高いイタリア人ピアニストのアントニオ・ファラオと、ブランフォード・マルサリスを長年サポートした80年代新伝承派ドラマーの代表格であるジェフ“テイン”ワッツの参加が、何と言っても注目されます。このメンバーのツアーでの成果をそのままスタジオに持ち込んだ本作は、フラスの自信漲るプレイが印象的。中でもファラオ提供の同名作からの「ブラック・インサイド」は、レギュラー・グループと思えるほどの一体感を生んでいます。それもそのはず、同作はワッツ参加のトリオであり、約20年ぶりの再演は二人にとっても感慨深いものがあったに違いありません。
★ファラオとワッツの本気度満点の演奏がクオリティの高さを生んだ傑作です。
All music composed by Rostislav Fraš, except 5 by Antonio Farao
曲目
  1. 01:Use The Moment (6:45)
  2. 02:N.W. (8:32)
  3. 03:Black Inside (8:29)
  4. 04:Blues After Showers (5:36)
  5. 05:Arabesco (7:30)
  6. 06:Silent Yearning (5:06)
  7. 07:Dark Side (9:16)

東方爆音ジャズ12 針
東京アクティブNEETs
東方爆音ジャズ12 針

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
東京アクティブNEETs
商品紹介
東京アクティブNEETsは日本のインストバンド/同人サークル。2008年の結成以来、”生演奏”を”魅せる”ことにこだわり、ゲームミュージックを中心としたジャズ、ロックの演奏を動画という形で発信、合間にCD製作を行っている。主に「爆音ジャズ、侍ジャズ、クラブジャズ」と呼ばれる現代の日本のジャズシーンを反映したスタイルを得意とする一方、ギタリストを加えてのロックやエレドラを使用したエレクトロなスタイルまで幅広く演奏している。また、一同人サークルとして『全て自分たちで作る』DIY精神を信条に、レコーディングから撮影までほぼ全ての製作をメンバーのみで行っている。近年では日本各地のほか海外への遠征も活発に行っており、台湾、香港、上海からアメリカまで活動の場を広げている。東方爆音ジャズの12作目。「節奏や 輝き穿つ 針の如し ジャズ輝針城!!」
曲目
  1. 01:【リバースイデオロギー】 原曲:リバースイデオロギー / 空中に沈む輝針城
  2. 02:【始原の4ビート】 原曲:始原のビート ~ Pristine Beat
  3. 03:【ツミブクロタイム】 原曲:マジカルストーム / 幻想浄瑠璃
  4. 04:【Always Loup-garou】 原曲:満月の竹林 / 孤独なウェアウルフ
  5. 05:【マーメイド・ジャクソン】 原曲:ミストレイク / 秘境のマーメイド
  6. 06:【The Dullahan】 原曲:運河を行き交う人妖 / 柳の下のデュラハン
  7. 07:【輝く針の小人族】 原曲:輝く針の小人族 ~ Little Princess
ムービー

Aggregation
藤川幸恵トリオ
アグリゲーション

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
藤川幸恵(p) 坂井美保(b) 木村紘(ds) Guest 安カ川大樹(b) #10
商品紹介
オーソドックスなジャズのフィーリングとコンテンポラリーなアンサンブルを合わせ持つ、新進気鋭ピアニスト 藤川幸恵の独特の世界観が散りばめられたオリジナル、スタンダードナンバー集。 骨太でグルービーなベーシスト坂井美保、卓越したテクニックと音色で魅了するドラマー木村紘との絶妙なコンビネーション。 関西から全世界に発信する藤川幸恵ピアノトリオ 待望のファーストアルバム。

藤川 幸恵 Sachie Fujikawa piano
1986年 大阪府出身。幼少のころからクラシックピアノを学び高校卒業後大阪スクールオブミュージックに入学。元岡衛に師事。卒業後、関西一円のライブハウスやレストラン等で演奏活動をはじめる。2014年にはアルトサックス奏者の側島万友美のNYで録音をしたリーダーアルバムに参加し、現在ケニーギャレットのバンドのベーシスト、コーコランホルト、ドラマーのマクレンティーハンターと共演する。2015年から大阪、谷町九丁目にある老舗ジャズクラブSUBを拠点に藤川幸恵TRIOの活動を始める。

坂井 美保 Miho Sakai bass
1989年 滋賀県出身。高校時代に吹奏楽部でコントラバスを始める。大学入学後、天理大学ALS Jazz Orchestraに所属し、第41回YAMANO BIG BAND JAZZ CONTESTで第8位敢闘賞を受賞。 卒業後、ビックバンドを中心にポップスやサルサなど様々なジャンルで活動する中、テナーサックス奏者長谷川朗氏と出会い、本格的にジャズベーシストとして活動を始める。2017年9月 ピアニスト山中千尋トリオツアーに参加。現在、骨太のグルーブとアンサンブルで、関西を中心に活躍中。

木村 紘 Hiro Kimura drums
1988年 兵庫県明石市出身。12歳のときドラムを始め、中学、高校では吹奏楽部で打楽器を担当する。2007年 洗足学園音楽大学に入学し上京、東京、横浜周辺でジャズを演奏し始める。ドラムを大坂昌彦氏に師事する。2011年 洗足音楽大学を首席で卒業し、アメリカのバークリー音楽大学の奨学金を得て留学。DrumsをRalph Peterson、アンサンブルをHal Crookに師事。2014年3月にはワシントンDCの全米桜祭りに小林香織バンド、曽根麻央バンドとして出演。2014年5月に帰国し、東京、関西 の両方で活動を開始した。 Guest 安ヵ川 大樹 Daiki Yasukagawa bass 1967年 兵庫県西宮市出身。明大卒業後、ジョージ大塚、故本田竹広、故日野元彦らのグループで活動。2002年EWEよりベースソロ、ピアノトリオ2枚のリーダーアルバムを発表。2008年自らのレーベル「D-MUSICA」を立ち上げ、これまでに50枚余の名盤を世に送り出す。参加CDは国内外合わせて100枚を優に超える。2012年、2013年 JAZZPAGE人気投票ベーシスト部門2年連続第一位。現在、ニューヨーク、パリ、台北等の海外アーティストとの共同制作、後進の指導、発掘に力を入れている。
曲目
  1. 01:Instability
  2. 02:Cherokee Ray Noble
  3. 03:Aggregation
  4. 04:If I May
  5. 05:Helen's Song George Cables
  6. 06:Freak Out
  7. 07:I Let A Song Go Out Of My Heart Duke Ellington
  8. 08:Little Melonae Jackie McLean
  9. 09:Stompin' At The Savoy Edgar Sampson
  10. 10:I Hear A Rhapsody Gearge Fragos, Jack Baker and Dick Gasparre
ムービー

AIKO YOSHIBA PIANO TRIO
葭葉愛子
葭葉愛子 ピアノトリオ

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
葭葉愛子 Aiko Yoshiba(p, fender rhodes, key)
TRACK 1-5
萬恭隆 Yorozu Yasutaka(b)
清水勇博 Takehiro Shimizu(d)
TRACK 6-11
織原良次 Ryoji Orihara(b)
橋本現輝 Genki Hashimoto(d)
guest: 寝占友梨絵 Yurie Nejime(vo) TARCK 11
商品紹介
三重県伊賀市出身、葭葉愛子ピアノトリオファーストアルバム。東京と大阪のトリオを1枚のCDに収録! オリジナル10曲、ジャズスタンダード1曲。 ゲストボーカル入りのテイクもあり、鍵盤はスタインウェイ、フェンダーローズ、キーボード等を使った盛りだくさんな内容。西と東、それぞれのトリオの個性が凝縮の1枚です。
曲目
  1. 01:flow
  2. 02:scattered chopped cabbege
  3. 03:alone in the park
  4. 04:respect for Hancock
  5. 05:what kind of fool am I
  6. 06:natives and nature
  7. 07:erosion again
  8. 08:unstable roots
  9. 09:4 days left
  10. 10:sky is the limit-uta-
  11. 11:sky is the limit
ムービー