KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報を富士通テンがお届けします。

ジャズ新譜紹介

国内外からリリースされる注目のジャズ新譜を紹介します。

2017年10月

MAJOR DEBUT
たをやめオルケスタ
メジャーデビュー

TOWER RECORDS Amazon HMV

CDジャケット

演奏者
たをやめオルケスタ
商品紹介
女子18人のビッグバンド「たをやめオルケスタ」の5th Album「MAJOR DEBUT」がついに発売! ゲストにギタリスト菅原 潤子を迎えて収録したリードトラック「メジャーデビュー」はグルーヴィなファンクテイストの一曲。またアラビアンテイストな「カルダモン砂漠」や「タヲヤメンナイト」、カリプソや和テイストなどを詰め込んだ「妄想・ツーリスト」などインスト曲も楽しい!またElla Jane Fitzgerald「When I get low, I get high」、ムーンライダーズ「あの娘のラブレター」、美空ひばり「真赤な太陽」、ヴェルディ「怒りの日」、Bob Marley「NICE TIME」などのカバー曲も充実。「バラック酒場」は結成当初のオリジナル曲で、今回初めてスタジオレコーディングしたもの。

5枚目のアルバムがでた。 「MAJOR DEBUT」というアルバムをインディーズでリリースするという、なんとも紛らわしい事態になってしまった。 そもそもこのリードトラック「メジャーデビュー」という曲は、ある一日に3回「メジャーデビュー」という話題が降りかかってきた日があって、その日の夜に震える手で書いた曲。「たをやめってメジャーデビューしないの?」とか「メジャーデビューしないで新しい道を切り開くんだ!」とか。他人の無垢な質問は時として無情にもグッサリ胸に刺さったりする。 いや、今までだってメジャーデビューの話が来たことあるさ!今だって売れたい!っていうリビドーは常に波打ってるさ! でもね、まぁ現状たをやめオルケスタはインディーズ。現状がそうならまぁそこでベストを尽くすよね、わたしなんかは。まぁ、インディーズとメジャーで音楽的に差があるわけじゃないしね。例えばさ、「インディーズは使えるコードが4個まで」とかいうルールがあったら困るけどね。そしたらインディーズ界に残された音楽は「ブルース」ただ一つだよね。そしてブルースで発狂したミュージシャンがブルース以外の音楽を追い求め、メジャーデビューにのために時には犯罪に手を染めて…日本は荒れるよね。 そんな日本放っておけないよね。 それはともかく、歌詞の中にも出てくれるけど「どうかこの歌届いてほしいあの子のもとに」って思ってます。心から思ってる。 最終的にあの子のもとに届いて、あの子が少しでも笑ってくれたら、これほどたをやめ冥利に尽きることはないよ。

女将・岡村トモ子
曲目
  1. 01:タヲヤメンナイト
    1. 02:メジャーデビュー
      1. 03:When I get low, I get high
        1. 04:カルダモン砂漠
          1. 05:あの娘のラブレター
            1. 06:妄想・ツーリスト
              1. 07:真赤な太陽
                1. 08:バラック酒場
                  1. 09:NICE TIME
                    1. 10:怒りの日

夜のつづき
八代亜紀
夜のつづき

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
八代亜紀
商品紹介
『夜のアルバム』につづく、本格ジャズ・アルバム! 【SHM-CD】 このアルバムには、ナイトクラブで歌っていたあの頃の私が居ます。― 八代亜紀 『夜のアルバム』につづく、本格ジャズ・アルバム。小西康陽プロデュース。

演歌の女王、八代亜紀とジャズとの出会いは、小学5年生のとき。父親が買ってきた米国のポピュラー・ジャズ歌手、ジュリー・ロンドンのレコードを聴き、そのハスキー・ヴォイスに魅せられたのがきっかけでした。それまで自身のハスキー・ヴォイスにコンプレックスを持っていましたが、自分と同じジュリーの声質に勇気づけられ、歌手を志すように。そして1960年代半ば、15歳で歌手を目指して熊本から単身上京し、銀座でクラブ・シンガーとして歌い始めました。ナイトクラブでは、当時の歌謡曲/ムード歌謡とともに、海外のジャズ・スタンダードを耳で覚えながら歌っていました。若いながらも魂のこもった歌唱に、男性客のみならず、従業員のホステスまでが涙したといいます。1971年にデビューし、以降、“演歌の女王”に登りつめた八代亜紀ですが、現在に至るまで、あの時のナイトクラブでの経験が「歌手としての自身の原点」と断言しています。
2012年10月、クラブ・シンガー時代に思いを馳せ、ジャズ・スタンダードや歌謡曲等の「流行歌」をジャズ・アレンジでカヴァーした初の本格的ジャズ・アルバム『夜のアルバム』を発表。普段の演歌の八代亜紀とは異なるスタイルながら、ジャンルを超えたリスナーからの支持を集め大ヒットを記録しました。
それから5年、続編を望む多くの声に応えて、遂に第2弾をリリースします。アルバムのプロデュースは、前作に引き続き元ピチカート・ファイヴの小西康陽が担当。バックには日本の誇るジャズ・ミュージシャンを揃えつつ、1950~60年代に流行したジャズ・スタンダードからR&Bソング、そして歌謡曲を採り上げ、過ぎし日のノスタルジックで夜のムードあふれるサウンドを表現しています。アルバムの中盤ではビッグ・バンドを従え、ダイナミックでパンチのある歌唱も披露。また、ジャズ・スタンダードも曲によっては日本語詞(小西康陽作)で歌っています。
このアルバムは、「八代亜紀が原点に立ち返る作品であると同時に、八代亜紀のまた新しいチャレンジを捉えた作品」であり、「演歌やジャズといったジャンルを超え人々を魅了し続ける、“シンガー=八代亜紀”の真髄に触れていただける作品」です。 折しも2017年は、世界初のジャズ・レコードが録音されてから100周年。そんな記念すべき年に、八代亜紀にしか生み出すことのできない、唯一無二の“八代流ジャズ”をたっぷりとお届けします。
曲目
  1. 01:帰ってくれたら嬉しいわ
    1. 02:フィーヴァー
      1. 03:黒い花びら
        1. 04:涙の太陽
          1. 05:旅立てジャック
            1. 06:ワーク・ソング
              1. 07:カモナ・マイ・ハウス
                1. 08:にくい貴方
                  1. 09:恋の特効薬
                    1. 10:夜のつづき (赤と青のブルース)
                    1. 11:赤と青のブルース
                    1. 12:男と女のお話
                    1. 13:夜が明けたら

French Touch
カーラ・ブルーニ/Carla Bruni
フレンチ・タッチ

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
カーラ・ブルーニ
商品紹介
フランスを代表する女性シンガーソングライター/モデル、カーラ・ブルーニ、初のカヴァー・アルバム!

【日本盤のみSHM-CD仕様】

カーラ・ブルーニのやさしいフレンチ・タッチで、世界中の音楽ファンに愛されるポップス/ロックの名曲の数々が魔法にかかる! フランスを代表する女性シンガーソングライター、5年ぶり5枚目の美しい宝石箱のようなスタジオ・アルバムが完成。全編英語による初のカヴァー作品。
プロデュースを担当したのは、ダイアナ・クラールの『ウォールフラワー』はじめ、大ヒット作品を数多く輩出している世界的プロデューサー、デイヴィッド・フォスター。
1940年代の映画の劇中歌から、70年代~90年代までのポップス/ロックの名曲を本作ではカヴァー。オリジナルとは全く異なるカーラ・ブルーニならではのやさしいウィスパー・ヴォイスとアコースティック・サウンドで新たな魅力を放っています。選曲はもちろんカーラ自身によるもので、かねてから大好きだった曲ばかり。そのジャンルを超えた音楽の幅の広さは音楽ファンをもうならせる名曲ぞろい!
すでに先行配信されているM-1.「エンジョイ・ザ・サイレンス」、M-4.「ミス・ユー」の他、ウィリー・ネルソンとのデュエット曲M-6.「クレイジー」を先行配信予定。
もともとはモデルとして活躍、2002年にシンガーソングライターに転向してからも、フランスではヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージックで最優秀女性アーティストを受賞。元フランス大統領ニコラ・サルコジを夫に持ち、かつて現アメリカ大統領ドナルド・トランプやエリック・クラプトン、ミック・ジャガーなどとも浮名を流したカーラ・ブルーニは世界を代表するセレブとしても名高い。
「ミス・ユー」のミュージック・ビデオを手掛けるのはジャン=バプティスト・モンディーノ。モンディーノは、これまでマドンナ、ビョーク、スティング、ヴァネッサ・パラディなどのミュージック・ビデオ、アートワークを手掛けてきた現代写真家の巨匠。
曲目
  1. 01:エンジョイ・ザ・サイレンス (デペッシュ・モード/1990)
    1. 02:ジミー・ジャズ (ザ・クラッシュ/1979)
      1. 03:ラヴ・レターズ (1945年映画『ラヴ・レターズ』より)
        1. 04:ミス・ユー (ザ・ローリング・ストーンズ/1978)
          1. 05:ザ・ウィナー (アバ/1980)
            1. 06:クレイジー feat. ウィリー・ネルソン(パッツィー・クライン/1961)
              1. 07:地獄のハイウェイ (AC/DC/1979)
                1. 08:ア・パーフェクト・デイ (ルー・リード/1972)
                  1. 09:スタンド・バイ・ユア・マン (タミー・ワイネット/1968)
                    1. 10:プリーズ・ドント・キス・ミー (1947年映画『上海から来た女』より)
                    1. 10:ムーン・リヴァー (1961年映画『ティファニーで朝食を』より)

Love is the greatest
ソニー・エモリーズ・カシェー/Sonny Emory's Cachet
ラヴ・イズ・ザ・グレイテスト

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
ソニー・エモリーズ・カシェー
商品紹介
グルーヴ・マスターの新たなる挑戦。
アース・ウィンド&ファイヤー、クルセイダーズ、DREAMS COME TRUEなど、世界のトップ・アーティストたちをサポートしてきたスーパー・ドラマーが新たに結成したグループ“カシェー""による、ジャンルを超えたポップでファンキーなアルバム。

過去数十年に渡り、アース・ウィンド&ファイヤー、クルセイダーズ、ブルース・ホーンズビー、アル・ジャロウ、スティーリー・ダン、ベット・ミドラーといった伝説のミュージシャン達のツアーやレコーディングに参加してきたドラマー/マルチインストルメント奏者/コンポーザーであり、日本ではDREAMS COME TRUEのサポートでも有名なソニー・エモリーが、キャリアを基盤に、新プロジェクトSonny Emory's Cachetを始動。 ポップ、R&B/ファンク、ロック、ジャズ、ゴスペルへの熱い思いからエネルギーとインスピレーションを紡ぎだした、ソニー・エモリーズ・カシェー待望の1stアルバム。 ドラマーとしてだけでなく1996年のスパイク・リー監督映画『Get on the Bus』へは楽曲提供するなど、作曲家としても活躍してきたソニー。2005年にリリースした『Love's Pure Light』以来約12年ぶりの新作となる本作では、7曲の楽曲を作曲しています。
曲目
  1. 01:Doubt My Love / ダウト・マイ・ラヴ
    1. 02:What I Need / ホワット・アイ・ニード
      1. 03:Royal Gift (Jazz) / ロイヤル・ギフト(ジャズ)
        1. 04:The Harvest Is Near / ザ・ハーヴェスト・イズ・ニア
          1. 05:Love Is Natural / ラヴ・イズ・ナチュラル
            1. 06:Step In It / ステップ・イン・イット)
              1. 07:Grind / グラインド
                1. 08:Eyes On The Prize / アイズ・オン・ザ・プライズ
                  1. 09:Rock Steady / ロック・ステディ

Music For Your Heart
デヴィッド・T.ウォーカー/David T. Walker
ミュージック・フォー・ユア・ハート ~ベスト・オブ・デヴィッド・T.ウォーカー~

購入はこちら

CDジャケット

演奏者
デヴィッド・T.ウォーカー
商品紹介
ヴォーカル以上に歌うギター。世界最高のギター職人の究極ベスト

スティーヴィー・ワンダー、マービン・ゲイ、ジャクソン5、ダイアナ・ロスなど数多くのアーティストの作品に参加し、ギターの神様と呼ばれるDavid T. Walker。 DCT recordsよりリリースされた3枚の傑作アルバム「Thoughts」、「Wear My Love」、「FOR ALL TIME」に加え、自身が参加したDREAMS COME TRUE吉田美和ソロ・アルバム「beauty and harmony 2」から、David T.Walker自らセレクトした全15曲を収録したベスト・アルバム。
曲目
  1. 01:Eleanor Rigby / エリナー・リグビー
    1. 02:Love’s Theme / 愛のテーマ
      1. 03:あなたのかわいい人
        1. 04:Street Life / ストリート・ライフ
          1. 05:God Bless The Child / ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
            1. 06:Holidays Are Mirrors / ホリデイス・アー・ミラーズ
              1. 07:お願いします
                1. 08:For All Time (Overture) / フォー・オール・タイム (オーバーチュア)
                  1. 09: Global Mindfulness / グローバル・マインドフルネス
                    1. 10:Justified / ジャストファイド
                    1. 11:Song For My Father / ソング・フォー・マイ・ファーザー
                    1. 12:Thoughts / ソーツ
                    1. 13:Soul, In Light & Grace / ソウル、イン・ライト&グレース
                    1. 14:Wear My Love / ウェア・マイ・ラヴ
                    1. 15:I Want You / アイ・ウォント・ユー