レッツスタート!Chapter.2
ハイノート講座編「Tongue Magic」
「ダブルハイCを楽々出そう!」を合言葉に、全国へ広がるハイノート講座タングマジック。ダブルハイCはチューニングで使う「ド」の2オクターブ上の実音Bbです。タングマジックは「舌を鍛える」ことを中心課題にしており、なるべく唇の意識を消すことを推奨しています。2007年4月には、舌の本格的トレーニング教本「フレックス・タング・ビルド」も出版されました。舌を使う練習法はこれまであまり知られていないため、理解されにくい面もあるようです。本連載では、タングマジックの入門編として、その背景やトレーニングを、エッセイ風にやさしく解説します。
リップフォー バックナンバー
金管演奏16のマジック
2007年10月に発刊された新しい教則本「ハイ・エア・ビルド ~音域5オクターブの開発~」では、金管演奏のポイントをTM4X4(てぃーえむ・ふぉー・ばい・ふぉー)という4分野16項目に整理して説明しています。
今回はそのうち「リップフォー(唇についての4項目)」について解説します。
唇についての4項目
●リップフォー(唇についての四項目)
リップフォーの第一はウエットです。唇はつねにウェットな(湿った)状態にしておきます。人体の粘膜部分は生命現象が活発に行なわれており、その前提として組織が十分に潤っている必要があります。唇もまた、ウエットな状態のときにもっとも機能すると考えられます。
第二の上振下支(じょうしんかし)は、上唇と下唇の機能分担についてです。金管演奏においては、上唇の振動がメインで音が作られています。したがって上唇の自由度を高めることはたいへん重要です。
したがってマウスピースのリムが上唇の振動を制約していないかチェックするとよいでしょう。一方、下唇でリムを支えることはたいへん有効です。
ひとつの目安として、唇がマウスピースの上から2/3、下から1/3あたりに位置するようなポジションが基本となります。これが「上振下支」です。
第三はパッカー。口を横に引く「スマイル」のアンブシュアは、マウスピースと歯の間で唇が薄くなるため、少し圧がかかっただけで唇を傷める場合があります。
パッカーとは「すぼめる」という意味で、口を少し前へ突き出すことです。ロウソクの炎を吹き消すような強く速い息を出すとき、人間は自然に口をすぼめます。
パッカーは身体の使い方としても無理がなく、マウスピースと歯の間で唇が厚いクッションのような役割を果たすので安全な形です。
唇を忘れる
リップフォーの第四は、これがもっとも重要なのですが、唇を忘れること(フォゲット)。
タングマジックは、意識を唇から舌へ移す長く困難な戦いといっても過言ではありません。ほとんどの金管奏者は、唇周辺にべっとりと濃い意識がこびりついており、日々の練習を通じて唇の意識をさらに高めようとしています。
この「唇の意識」をいかに消すか。そして自分の意識をいかにすみやかに「舌」へ移動できるか。これがタングマジックの成否を握っています。唇に意識が残れば残るほど、舌の開発が遅れる可能性が高いからです。
したがって、もし本気でタングマジックに取り組むのであれば、唇については「見ざる、言わざる、聞かざる」という三猿(さんざる)を徹底する覚悟が必要になります。唇を見ない、話題にしない、他人の情報も聞かないなど、とにかく唇について考えないことを徹底する。
アンブシュアを鏡でチェックしたり、アパチュアを気にしたり、唇周辺の口輪筋を鍛えたり、そういう唇の意識を高める行為は一切禁止することが、結果として舌を開発する近道となるでしょう。
特にいけないのが「舌も鍛える、唇も鍛える」という(一見バランスのよさそうな)練習方針です。これはもう、タングマジックとはまったく異なる内容になってしまいます。
舌の鍛錬と唇の鍛錬は、相互にアクセルとブレーキの関係になるので、積み上げては崩し、積み上げては崩しを繰り返すことになりかねません。このような練習をすると、タングはけっしてマジックを起こしませんので十分に注意してください。
唇については「ウエット」「上振下支」「パッカー」という3つのポイントを軽く確認するにとどめ、つねに意識を「舌」に置くようにしてください。
つづく。
☆舌を鍛える本格的トレーニング集「フレックス・タング・ビルド」好評発売中です!
♪楽天市場「ココ!deマンド」
ト音用 http://item.rakuten.co.jp/wellonshop/flextonguebuild-y/
へ音用 http://item.rakuten.co.jp/wellonshop/flextonguebuild-b/
♪アクタス・オンラインショップ http://nonaka-actus.com
※Tongue Magicロゴをクリック☆
著者Profile
水行末(すいぎょうまつ)
ハイノート講座「タングマジック」プロデューサー。「まま呼息の発見」「楽呼吸法 ~インナー・ウォームアップの方法~」
「ウォーター&ブレス」など呼吸法関連の論文多数。雑誌「楽器族。ブラストライブ」では「音楽家のためのメディテーション "ねこ気功" 入門」を連載中。合奏教育のための国際音楽プロダクション「ワールド・プロジェクト・ジャパン」代表。
http://www.wpjapan.com/
杉山正氏との共著に教則本「フレックス・タング・ビルド」がある。
♪楽天市場「ココ!deマンド」
ト音用
http://item.rakuten.co.jp
/wellonshop
/flextonguebuild-y/

へ音用
http://item.rakuten.co.jp/
wellonshop/
flextonguebuild-b/

♪アクタス・オンラインショップ
http://nonaka-actus.com
♪アクタス・オンラインショップ
http://nonaka-actus.com
※Tongue Magicロゴをクリック☆
2007年10月に新しい教則本が出ます。フレックス・タング・ビルドに続く第二弾です。
ハイ・エア・ビルド
~音域5オクターブの開発~
発行:タングマジック
定価:4,000円(税込/送料別)
|予|約|受|付|中|
♪楽天市場「ココ!deマンド」
http://www.rakuten.ne.jp/
gold/wellonshop/index.html

☆カテゴリ一覧「自費出版」
もしくは「店長おすすめ商品」から
PAGE TOP