レッツスタート!Chapter.2
ハイノート講座編「Tongue Magic」
「ダブルハイCを楽々出そう!」を合言葉に、全国へ広がるハイノート講座タングマジック。ダブルハイCはチューニングで使う「ド」の2オクターブ上の実音Bbです。タングマジックは「舌を鍛える」ことを中心課題にしており、なるべく唇の意識を消すことを推奨しています。2007年4月には、舌の本格的トレーニング教本「フレックス・タング・ビルド」も出版されました。舌を使う練習法はこれまであまり知られていないため、理解されにくい面もあるようです。本連載では、タングマジックの入門編として、その背景やトレーニングを、エッセイ風にやさしく解説します。
唇から舌へ バックナンバー
シェイクはなぜ難しいか
リップトリルやシェイクに苦手意識を持つ人は少なくありません。これらの技法はどうして難しいのでしょうか? 
あっさり結論を言ってしまうと、唇でやろうとしているからだと考えられます。
え?唇でやるから「リップトリル」と言うんじゃないんですか?
おそらくこの「リップトリル」という呼称が多くの人を苦しめてきたのではないかと思います。シェイクやリップトリルは本当に「唇で」やるものでしょうか?
呼び方を換えてみよう
リップトリル、リップスラー、リップフレキシビリティなど、「リップ」とつく用語について、すべて「タング」と置き換えてみると、まったく新しい世界が開けてきます。タングトリル、タングスラー、そしてタングフレキシビリティです。
金管楽器演奏において「音程」「音量」「音色」「アーティキュレーション」のコントロールに 大きな役割を果たしているのは、唇よりもむしろ舌であることが忘れられてきました。リップではなくタングが仕事をするのだと考え方を変更すれば、ずっと楽に演奏できるのです。
唇から舌へ意識を移動しよう
これまで圧倒的多数の金管奏者が、アンブシュアやチョップスなど「唇周辺」に重点を置いて練習を積んできたと思われます。「舌」よりも「唇」を意識する比率が何十倍も高いのです。
ところが、「唇」から「舌」へ関心を移すだけで、今まで難しかったことが、意外と楽にできる。ハイノートもそうですし、シェイクやトリルもそうです。
いったん唇のことを忘れて、全神経を舌に集中してみてください。舌以外のことを考えない。そして舌を鍛えるエクササイズに取り組みます。バズィングやロングトーンといった、唇周辺の意識を高める練習のかわりに、舌を積極的に動かすタングスラー系の練習を中心にすえるのですね。
あるホルン奏者から相談を受けたことがあります。長年ホルンを吹いているけれど、リップトリルが苦手なので教えてほしい、と。そこで私は短いメールで要点だけを伝えました。
意識を唇から舌へ移すのがうまくいったのでしょう。このホルン奏者は、長年の課題だったトリルを、ものの5分で習得したのでした。
つづく。
☆舌を鍛える本格的トレーニング集「フレックス・タング・ビルド」好評発売中です!
♪楽天市場「ココ!deマンド」
ト音用 http://item.rakuten.co.jp/wellonshop/flextonguebuild-y/
へ音用 http://item.rakuten.co.jp/wellonshop/flextonguebuild-b/
♪アクタス・オンラインショップ http://nonaka-actus.com
※Tongue Magicロゴをクリック☆
著者Profile
水行末(すいぎょうまつ)
ハイノート講座「タングマジック」プロデューサー。「まま呼息の発見」「楽呼吸法 ~インナー・ウォームアップの方法~」
「ウォーター&ブレス」など呼吸法関連の論文多数。雑誌「楽器族。ブラストライブ」では「音楽家のためのメディテーション "ねこ気功" 入門」を連載中。合奏教育のための国際音楽プロダクション「ワールド・プロジェクト・ジャパン」代表。
http://www.wpjapan.com/
杉山正氏との共著に教則本「フレックス・タング・ビルド」がある。
♪楽天市場「ココ!deマンド」
ト音用
http://item.rakuten.co.jp
/wellonshop
/flextonguebuild-y/

へ音用
http://item.rakuten.co.jp/
wellonshop/
flextonguebuild-b/

♪アクタス・オンラインショップ
http://nonaka-actus.com
♪アクタス・オンラインショップ
http://nonaka-actus.com
※Tongue Magicロゴをクリック☆
PAGE TOP