レッツスタート!Chapter.1
呼吸法講座編「Brass Breath」
管楽器演奏の呼吸法には、いろんなアプローチがあります。実際の演奏状態に近いものから、身体づくりを目的とした基礎的なものまで。非常に複雑かつメカニカルな方法もあれば、シンプルで奥深いものもあります。
本連載は、主にブラス奏者を対象とした、シンプルな基礎的呼吸法をご紹介したいと思います。まじめに取り組めば、おもしろいように身体が変わっていくのを感じられることでしょう。金管楽器を主としておりますが、木管やリズム奏者が取り組んでも役立つ内容です。
管楽器演奏にはまま呼息を バックナンバー
つつ呼息とまま呼息
吐く息のことを「呼息(こそく)」といいます。四つの腹式呼吸を、呼息時の腹部の動きに注目して分類するなら、以下の二種になります。
1.つつ呼息
 第一の腹式呼吸「ふくへこ」
 第二の腹式呼吸「へこふく」
2.まま呼息
 第三の腹式呼吸「ふくふく」
 第四の腹式呼吸「へこへこ」
つつ呼息とは、腹をへこませ「つつ」、あるいはふくらませ「つつ」呼息するもの。
一方まま呼息は、腹をふくらませた「まま」、あるいはへこませた「まま」呼息するもの。
つまり呼息時(吐く時)の腹部に
動きのあるものが「つつ呼息」動きのないものが「まま呼息」
となります。
腹部は構造的に弱い
胸部は肋骨、腰部には骨盤があって形状が安定していますけれども、腹部には骨が腰椎しかなく、あとは内臓と筋肉だけです。つまり腹部は構造的に不安定なのです。
管楽器演奏に必要な「コントロールされた呼気」を作り出すためには、腹部がふらふらと不安定では都合が悪い。この部分をきちんと安定させておかないと、呼気の制御がしにくいのです。
したがって、息を吐く時に腹が動く「つつ呼息」は、管楽器演奏にふさわしくないということになります。
腹をふくらませた「まま」あるいはへこませた「まま」、つまり構造的に弱い腹部を安定させた状態をキープして、その上で呼気をコントロールするのが望ましいわけです。
次回は、二つのまま呼息について。
著者Profile
水行末(すいぎょうまつ)
ハイノート講座「タングマジック」プロデューサー。「まま呼息の発見」「楽呼吸法 ~インナー・ウォームアップの方法~」「ウォーター&ブレス」など呼吸法関連の論文多数。雑誌「楽器族。ブラストライブ」では「音楽家のためのメディテーション "ねこ気功" 入門」を連載中。合奏音楽のための国際音楽プロダクション「ワールド・プロジェクト・ジャパン」代表。
http://www.wpjapan.com/
PAGE TOP