KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報を富士通テンがお届けします。

ジャズ探訪記関西を中心に、往年の名盤を聴かせるバーから、生演奏も楽しめるレストランまで人気のジャズスポットを紹介!

vol.66
Red&Blue

古きを越えるジャズを新生の街で
@大阪・福島

「ほたるまち」という街の名前をご存知だろうか。
大阪市内中心部を流れる大川沿いにできた、ずいぶんと新しい街の名前である。天満橋の八軒屋浜のように船着き場まであるというのがミスマッチかもしれないが、これこそ水都大阪の新しい姿なのである、というのが大阪市の主張なのだ。

僕も大阪に住みながら初めて訪ねる街なのだが…、いや驚きました。
斬新なデザインの建物が並ぶ街並みは、馴染みの福島界隈とはまったく違うイメージ。21世紀的というか、現代でありながら未来都市を予感させるような街である。

ワインの専門店、おしゃれなカフェなどが軒を連ねる堂島リバーシティ、その2階にあるのが今回ご紹介するRed&Blue。
広いカウンターにソファー席、大きく生けられた花、水槽には熱帯魚。ジャズのお店というよりはオシャレなレストランといったほうがいいのかもしれない…とはいいながら、いや、なかなかあなどれない。
というのも、オーナーの手嶋さんはドクターとしてのキャリアもさることながら、トランペッターとしてバリバリのベテランなんである。クラシックトランペットを含めればなんと昭和20年からの演奏歴。その間にはご本業である病院の開院などがあり、積極的には活動できない期間もあったようなのだが、よく考えてほしい。昭和20年といえば西暦1945年、なんと半世紀を越える演奏歴なのである。
さらに、先年亡くなった故ハンク・ジョーンズとも共演、CDもリリースというから、その実力は推して知るべしというべきだろう。

ところがドクター・手嶋は「ジャズライブを全面には出していない」とおっしゃる。
このお店では、おいしい食事(いや、これがとーっても充実してるんです。詳しくはホームページで!)とお酒を楽しんでもらえればいい、それがジャズを楽しんでもらうきっかけになればそれでいいということなのである。普段はボーカルとピアノのライブがフィーチャーされているのだが、ジャズを聴きながらオシャレでゴージャスな空間でお酒とおいしい料理をいただける。そのあたりがね、なんともオトナじゃあーりませんか。実際、ちゃんとおいしい料理のためにここを訪れるお客さまも多いとのことだ。

ビッグバンドBluesin' Jazz Orchestraを主催するというドクター・手嶋さんだが、金曜日には自ら率いるバンドQJQのライブ。充実した仕事をしながら、豊かな趣味をも同時に生きる。
なんとも羨ましい人生、その響きに触れることもジャズの楽しみなのかもしれない。