ジャズ数珠つなぎ
野々村 明 トランペットプレイヤー グローバル・ジャズ・オーケストラ 代表
http://www.eonet.ne.jp/~global-jazz-orch/
Music Space TODO 代表プロデューサー http://mstodo.jp/
甲陽サウンズにて小曽根真、ゲイリー・バートンなど
内外アーティストのコンサートコーディネートを手懸ける。
ジャズ数珠つなぎって
このコーナーは関西を中心に活躍する若手ミュージシャン達を紹介するものです。数珠つなぎに込めた意味は、ミュージシャンがミュージシャンを紹介し、順番に繋いでいくことです。ライブの様子や告知、CDの紹介等を綴っていきます。これからのジャズシーンを支えるミュージシャン達の最新情報をチェックしよう。
宮崎隆睦(Sax) バックナンバー
宮崎隆睦さん
神戸市:13才からSAXを手にして、16才には地元のジャズクラブ等で活動を開始。
甲南大学卒業後米バークリー音楽院に留学し、3年間の在学中にナタリー・コール、ナット・アダレイと共演、またNYでT-SQUAREと出会い帰国後も親交を深め1998年にT-SQUAREに加入。その間にボズ・スキャッグスのジャパンツアーや織田裕二、古内東子のツアーなどに参加。2000年T-SQUARE脱退、ソロとなる。
現在も様々なセッションやレコーディング等に加え1997年よりArtists Villageの講師、2003年春より昭和音大ポピュラー科の非常勤講師を務め、都内をはじめ各地でもレッスン、クリニックも行っている。2004年11月、高橋亜土と結成したユニット"A.O.I."でCD"Mouth to hands"を発売。2006年1月18日、ポニーキャニオン(Leafage jazz)より初のソロアルバム"Nostalgia"をリリース。

今回のジャズ数珠つなぎはT-SQUAREの3代目サックス奏者として活躍。
現在も多種多様な活動を続けている宮崎隆睦さんです。

甲南中学ブラスアンサンブルでサックスを始める。

当時はメンバーの足りないブラスバンドで部長も経験しました。
リコーダーと指使いが似てるから出来そうと思いアルトサックスにしたんです。
姉の影響で小学3年からピアノとソルフェージュをやってたんですが、サックスを始めて絶対音感があることに初めて気がつきました。
高校のころにはすでにT-SQUAREのコピーバンドをやってましたね。
大学でも学内のバンドには入らずに社会人ビッグバンドなどでも演奏してました。グローバル・ジャズ・オーケストラには4年間参加してモンタレージャズフェスティバルにも一緒に出ましたね。

 
バークリー音楽大学に留学。

入学手続きの書類不備で学生ビザが下りず観光ビザで入国しました。
その後何とか手続きができて最初にクラス分けのテストがあって成績の良いクラスに振り分けられていたんですが英語が判らなかったが為に全く知らずその授業に出ていませんでした。ある時、アンサンブル担当のチェアマンからなぜ授業に出ないんだ。と怒られて初めて知りました。アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの曲を演るアンサンブルクラスで先生はジャズ・メッセンジャーズでテナーサックスを吹いていたなんとビル・ピアースでした。その後チェアマンがその授業の時にいつも監視に来ていましたね。「英語も出来ずに学校に来やがって」と思われてたみたいで、おかげでなにくそと頑張りました。その一学期間で英語も音楽的にも格段に成長したことを覚えています。
その後は生徒主催のコンサートにもたくさん参加したり学内のコンサートではソロを吹かせてもらったりして、頑張ったら認めてもらえるのが励みになりました。
卒業後ニューヨークに半年住んでたんですが神戸の地震で実家も被害にあったこともあり日本で活動しようと戻ってきました。

T-SQUAREに大抜擢。

ニューヨークに住んでた時にT-SQUAREのレコーディングで出会い親交を深めめました。97年の暮れに神戸チキンジョージでT-SQUARE5日間連続ライブの時、リハーサルを見に行ったんですが当時のサックス本田雅人さんがたまたまリハーサルに来れず、その時に無理やり引っぱり出されて吹いたソロをリーダーの安藤さんが気に入ってくれその後98年に正式に加入となりました。そのリハーサルを見に行ってなかったらT-SQUAREには加入してなかったですね。2週間後に録音が決まっていてそれまで吹いたことがないEWI(シンセサイザーサックス)を使うという事で急遽練習して録音に臨んだり、過密なツアーやレコーディングなど精神的にかなりプレッシャーを感じていました。そのせいか最初の1年は慢性的な蕁麻疹が出て大変でしたね。2000年夏に5人のバンド形態での活動を解消することになったのでそれからはゲスト的に参加しています。

今後の活動。

2006年に初めてリーダーアルバム「Nostalgia」をリリースしたんですがクルセイダースのウェルトン・フェルダーのような泥臭いテナープレイも好きなのでR&B色の強いアルバムも作りたいと思っています。
リーダーバンドのライブはもちろんですがT-SQUAREが結成30年になるのでその記念のレコーディングと日本と韓国でコンサートツアーも参加します。

ここ数年はサックスを教える事にとても興味を持ち各地でレッスンを行ったり教則本の翻訳も手掛けています。これからは演奏者としても指導者としても両方やっていきたいですね。

LiveInformation
●2007年11月1日(木)
横浜 パシフィコ横浜
楽器フェア プリマ楽器、プロオーディオジャパンのブースにてデモ演奏があります。
●2007年11月3(土)・4(日)
佐賀 嘉瀬川河川敷
ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留) 18:30~
●2007年11月11日(日)
ヤマハミュージック東海 名古屋店
定期レッスン
●2007年11月12日(月)
大阪 中津 Music space TO DO
定期レッスン
●2007年11月15日(木)
目黒 Blues alley Japan
宮崎隆睦(sax) 小松秀行(b) 草間信一(key) 高山一也(g)
佐野康夫(ds) 坂井"Lambsy"秀彰(perc.)
前売券 テーブル席(指定)4,000円 当日券は500円UP(各税込)
●2007年11月17(土)・18(日)
高知 楽器堂Opus本店
定期レッスン
●2007年11月29日(木)
目黒 Blues alley Japan
Grace Mahya with Friends Vol.2
Grace Mahya(pf,vo) バカボン鈴木(b) 河野啓三(kb, from T-SQUARE)
坂東慧(ds, from T-SQUARE) 宮崎隆睦(sax, ex. T-SQUARE) 荻原亮(g)
●2007年11月30日(金)
横浜 関内 Bar bar bar
Grace Mahya(pf,vo) 岡田 勉(b) バイソン片山(ds) 宮崎隆睦(sax)
※日程・時間は変更になることがあります。
CDData
国内盤 CD
発売日: 2006/01/18
レーベル: キャニオン・インターナショナル
規格品番: PCCY-30078
1.The Lady Wants To Know
2.Sweet&Gentle
3.時に愛は
4.Do I Do
5.Walk On By
6.After The Love Has Gone
7.We've Only Just Begun
8.Peg
9.Anytime Anyplace
10.蘇州夜曲
11.Betcha By Golly,Wow
A.O.I [Mouth to Hands]
「Another sunset」Azuchi Takahash
「Smile」Takahiro Miyazaki
「Far Cry」Takahiro Miyazaki
「Autumn」Azuchi Takahashi
「Memory will bring you close」Takahiro Miyazaki
「Floatin'」Azuchi Takahashi
PAGE TOP