KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報を富士通テンがお届けします。

ジャズピープル

SJCコラボ企画
甲南大学JAZZ研究会
Newport Swing Orchestra

毎年、神戸で学生が企画・運営するSwing Jazz Cruise(以下、SJC)とKOBEjazzとのコラボ企画。同イベントに出演する関西学生ジャズ研やビッグバンド、ミュージシャンを紹介します。インタビューワーももちろんSJCの企画・運営に携わる学生によるもの。
第三回目はC軍ビックバンドである”Newport Swing Orchestra”(以下NP)とD軍ビックバンドである”Big Mountain Jazz Orchestra”(以下BM)が所属する「甲南大学JAZZ研究会」をご紹介。今回は部長の3回生 宮原綾香(B.sax)さん、そしてNPのコンサートマスター3回生 平田結香(Tp.)さん、バンドマスター3回生 田中咲里(A.sax)さんにお話をうかがいました。

interview

interview

ビッグバンド主体のJAZZ研究会




── 甲南大学の特徴と歴史を教えていただけますか。

宮原「特徴はなんと言ってもビックバンドを主にして活動するJAZZ研だということです。部員全員がC軍かD軍のビックバンドに所属しています。コンボの演奏も依頼演奏などでは行いますが、固定バンドというよりは有志で募って、という感じですね。歴史についてはよく分からないんですけど、比較的新しい部活だと思います。元々は軽音楽部の中のJazzというジャンル、という形だったみたいですが人が増えた結果Jazz研として独立したそうです。山野に出始めたのが第31回からで、部室には歴代のポスターがブワーッと並んでます(笑)」

── やっぱりC軍が独立しているわけでもなくビックバンドしかやっていないというのは特徴的ですよね。普段はどんな活動をされていますか?

宮原「基本的にはNPは週3、BMは週2で合奏しています。コンボは自由に練習しています(笑)決められた時間はなく、コンボがあるイベントの本番前のリハもバンドごとに20分ずつ、とかではなく3時間とかをコンボ勢にあげるから自由に割ってね、みたいな(笑)ビックバンド中心だからかアドリブが出来る人が少なく…セッション日というのは設けていません…。なんかやりたい人同士でたまーに練習部屋で勝手にセッションが始まっていたりはします(笑)。あとは依頼演奏がかなり多いです!」

── 依頼演奏について詳しく教えてもらえますか?

宮原「大体月1~3で依頼演奏をしていて、多い方なのではないかなぁと思います。甲南大学Jazz研に依頼が来ることもあればNP指名で依頼が来ることもあって、その時だけ依頼のものもあれば毎年お話をもらっているものもあります。例えば豪華客船のお見送りであったり、商店街のお祭りであったり…、老人ホームでの演奏もあります。ビックバンドとしていくこともコンボを適当に組んで行くこともありますね~。」

── 依頼演奏が多いと宣伝にもなってよいですね。今年の甲南大学はどうですか?

宮原「今年は新入生が30人も入ってくれてにぎやかになりそうだなぁと感じています。上下感がそこまで厳しくない部活なので今年もわいわい楽しくやっていきたいですね。」

── ちなみに宮原さんはB.saxを担当とお聞きしましたが、そもそも楽器を始めたきっかけは?

宮原「小学校の時はパフォーマンス多めの団体でチューバを吹いていたんです。その時は有名曲ですけど、sing sing singやseptemberなどJazzを演奏することがちょこちょこありました。そのあとは吹奏楽部でT.saxを吹いていました。B.saxがやりたかったんですけど…、少ない吹奏楽部だったものでまず枠がなく…(笑) そして高校も吹奏楽部に入って、そこで念願のB.sax担当になり、大学に入った今でもB.saxを続けています。」

── Jazz研に入ったきっかけは?

宮原「さっき小学校の時にJazzをしていたって言ったように、そこでJazzが好きになって。実は中学高校の時もずっとJazzやりたいと思っていたんです。けど『Jazzの曲やろうよ!』って言ってもあんまりウケもよくなくて…、結局高校の時にダサい譜面のsing sing singをやっただけ、みたいな感じで終わってしまったんです。許せない、そんなんじゃ終われないぞ!という気持ちで(笑)、もう大学はJazz部に入ろうと決めていました。甲南大学が山野常連校のようにJazzの強い大学だったなんてことは後から知りました(笑)」

── 部長になってみた感想はどうですか?

宮原「ゆるっとやっていくつもりでしたが(笑)。いつのまにか部長になった感じです(笑)。部長になったのは上の先輩方からの推薦でしたが、選んでもらったからにはしっかり務めていこうと思っています。」

── では最後にライブ宣伝などを

宮原「7月1日に甲南大学JAZZ研究会の夏の定期演奏会が平生セミナーハウスであり、そこではビックバンドだけでなく、コンボの演奏も行いますので是非お越しください!!依頼演奏で7月1日に船の見送りがあったり、7月4日に三ツ星ベルトさん主催の七夕祭で演奏させていただいたり…。」

ネクタイ締めて正装。そしてベイシー。
それが甲南ニューポート。




── さて、今度はNPのコンサートマスターの田中咲里さん、バンドマスターの平田結香さんのお二人にお聞きします。特徴や歴史などを教えてください。

田中「NPはカウントベイシーのナンバーを中心に演奏する学バンです!スーツにネクタイ、とクールな見た目でそろえています。このネクタイが今まで歴代のNPメンバーが着けてきたネクタイで、代々受け継がれているものなんです!」

平田「クールな見た目とサウンドに反して中身はおこちゃまと変人ばっかり!(笑)。比較的新しいバンドで、Newportっていうのが何かのアルバム名だったか、それとも神戸(港)だからか…、不明ですがそんな感じだったと思います!(笑)」

── 普段の活動を教えていただけますか?

平田「火・木・土の合奏にプラスでパー練です」

田中「とにかく依頼演奏が多くいのでNPはよく駆り出されています!外部の方が観に来れるものもあるので是非!」

── 今年のNPはどういった雰囲気でしょうか?

田中「今年は新しい人が多い代なんです。半分くらいが今年初めてNPにのる人なので去年からいる上級生を中心にワイワイ楽しくやっています」

平田「今年は各パートのリードが全員NP3年目のベテランで!本当に頼れる方ばかりです」

田中「基本的には楽しくゆるっとやっていますよ。雰囲気はゆるく、でも言うことはしっかり言う、って感じです。」

平田「今年は去年と合わせの仕方を変えたり、そのほかにも色々変えたりしました。いろんな意味で“新生NP”!って感じです。」

田中「今年はグッと順位をあげますよ!」

── では、今年の目標は?

田中&平田「絶対入賞!!!」

田中「今年こそは絶対に入賞したいと思っています!けど、まぁ皆がJazzって楽しい!って思えることが大事だと思います。」

平田「終わった後にもう一度やりたい!って皆が思えたら最高ですよね」

── ところで、二人が楽器を始めたきっかけとJazz研究会に入った理由を教えていただけますか?

田中「私は中高吹奏楽部でa.saxを吹いていました。中学の時のsaxの先輩に気に入られて誘われて、それをきっかけにそのまま大学までsaxをしていますね。Jazzに入ったきっかけは、中学の時の先生がJazz好きで、その影響もありJazzはちらほら聴いていたんですど、新歓の時ここのJazz研が私の好きな曲をやっていて、それに惹かれて入りました。」

平田「私も中高吹奏楽部でtp.を吹いていました。その時に吹奏楽部がルパン三世のテーマを吹いていてそのtp.に一目ぼれして、それでtp.に決めました。大学は吹奏楽部はあんまりやろうと考えていなくて、そこでJazzを聴いてカッコいい!ってなってJazz研に入りました。」

── お二人とも一つの楽器を長く、って感じですね。Jazz研にいて分かったJazzのよさは何かありますか?

平田「まず曲自体が親しみやすいな~って思います。あとtp。が目立つ!!(笑)」

田中「一人ひとりが自分の個性を出せるところだと思いますね~。甲南大学セッションやってないですけど(笑) 出来たら絶対楽しいですよね!出来るようになりたいです。」

平田「Jazzを始めてから一気に知り合いが増えた感じもします。あとは吹奏楽の時と違ってプロの方とも距離がとても近いように感じます。」

田中「人脈がひろがるのもJazzのよさのひとつだと思うし、あと全然Jazz知らない人からカッコいいって言われるのが嬉しいです!Jazzはプロの方との距離も近いけど、音楽とも近い感じがして…。例えば音楽も楽譜を追うだけじゃなくてコード進行とかそういうのも知るじゃないですか?自分らで音楽を楽しめるところもJazzの魅力だと思います!」

── では最後にライブの宣伝をお願いします。

平田「6月17日、甲南大学NPと京都大学Dark Blue New Sounds Orchestraの対バンが梅田alwaysであります。open13:30 start14:00 charge¥1000+1drinkです!」

田中「依頼演奏として7月1日船のお見送りをポートターミナルで。7月9日に三ツ星ベルト様の七夕祭りに出演させていただきます!あと、甲南大学JAZZ研究会夏の定期演奏会でもNPの演奏が聴けるので是非!」

平田「8月12日!!山野ビックバンドジャズコンテスト、8番目に決まりました!応援よろしくお願いします!!」

Written by Haru Fujimura


※2017/6/20 インタビュー時点の情報です。

information

甲南大学JAZZ研究会

About us
甲南大学Jazz研究会はNewport Swing Orch.とBig Mountain Jazz Orch.の2つのビッグバンドを軸に活動している団体です。どちらのバンドも主にCount Basieのナンバーを中心に演奏しておりますが、Sammy NesticoやRob Parton's Jazztech Big BandやThad Jones & Mel Lewis Jazz Orchestraなど、Count Basie以外にも幅広い音楽を取り入れています。また、ビッグバンド以外にもコンボ演奏も積極的に行っており、様々な方面からの依頼演奏や、年3・4回行っている定期演奏会でも多くの部員がコンボに挑戦しています。

Awards
《YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST》
第30回大会 第10位 奨励賞
第33回大会 第8位 審査員賞
第36回大会 最優秀ソリスト賞 崎田 治孝(Drum)
第37回大会 優秀ソリスト賞 篠原 康太郎(Tenor Sax)
第40回大会 第9位 審査員賞
第40回大会 優秀ソリスト賞 中山 雄貴(Trombone)
第41回大会 第7位 特別賞
第42回大会 第10位 奨励賞
第45回大会 優秀ソリスト賞 礒野 展輝(Trombone)
Website  /  JAZZ研究会:Twitter  /  Newport:Twitter  /  BigMountain:Twitter

ライブ情報
<イベント情報>
  7/1(土) 船の見送り @ポートターミナル
  7/2(日) 夏の定期演奏会 @平生セミナーハウス
  7/4(月) 三ツ星ベルト 七夕祭 @三ツ星ベルト本社
  10/22(日) 秋の定期演奏会
  11/4、5 甲南大学 学祭 @甲南大学
  12/17(日) 冬の定期演奏会
  12月 NP・BM LastLive

<NP Live情報>
  7/2(日) 甲南大学 夏の定期演奏会 @平生セミナーハウス
  8/12(土) 山野ビックバンドジャズコンテスト ※甲南大学NPは8番目
  12月 Baise祭り