KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報を富士通テンがお届けします。

ジャズピープル

「暮らしのなかに音楽を」。

2015年に惜しまれつつ解散したインストバンドPE'Zのトランペット奏者Ohyama "B.M.W." Wataruさんが2014年にマヌーシュ(ジプシー)ジャズギターの名手である手島大輔さんらとともに結成したBimBomBam楽団。「食事と人と音楽が溶け合う空間」をコンセプトにダイニングスタイルのライブ活動を全国で展開されています。11月30日にニューアルバム「雪夜物語」をリリースしたBimBomBam楽団の楽団長、大山渉さんにお話をうかがいました。

person

BimBomBam楽団
Ohyama "B.M.W." Wataruさん
[トランペット奏者]

1975年東京都出身。99年にPE'Zを結成し、ジャズをベースにロックやラテンを取り入れたハイブリッド音楽の先駆者としてインストシーンを牽引。2014年にマヌーシュ(ジプシー)ジャズをベースにしたBimBomBam楽団を結成。メンバーはOhyama ”B.M.W.” Wataru (tp)、Tajimi “M.J” Tomotaka (vln)、手島大輔 (g)、ヤマトヤスオ (b)、奥田真広(per)。翌年、株式会社「衣食住音」、自主レーベル「meal me(e)t music」を設立。

interview

「実際来てみると、熱い街だなって」。
大山さんから見た神戸の街の印象。

── PE'Zの頃から来られているとは思いますが、改めて神戸の街にどういう印象を持たれていますか?

「それまでは、ただ漠然とオシャレな街というイメージでした。でも今回BimBomBam楽団として、神戸の人と絡んでみたら熱い人が多くて、印象が少し変わりました。面白い街だと思います」

── 「オシャレ=サラッとしてる」という印象がありますもんね。

「そんなことなかったですね(笑)。やっぱり地方都市なので、田舎ではないんですけど、いい意味で話が早いというか。目に見える範囲で人と人が繋がってる街だなと思いました。いろいろな繋がりを持つことができたので、これからは神戸にももっと来れたらいいなと思います」

「美味しい食事と一緒に音楽がやりたい」。
BimBomBam楽団結成のいきさつ。



── PE'Zの後にジプシージャズバンド、というのは少し意外でした。BimBomBam楽団の結成のいきさつを教えてください。

「始まりはわりとふわっと始まったんですけどね。PE'Zの解散前にジプシージャズをやってみようと思って声を掛けたら今のメンバーが集まって。それで秋ぐらいからちょこちょこライブもやってたんですけど、ちゃんとオリジナル曲作ってCD出そうってなったのが春ですね」

── 「暮らし」とジプシージャズってなるほどしっくりきますね。

「それと同時に、ごはん食べながら、お酒飲みながら、人と話をしながらっていう空間にいい生音があったら最高だなって思って。一箇所に限らず、いろんな場所でそういう空間が提供できたらなっていうのも込みでBimBomBam楽団のコンセプトになっています」

── 同時期に「衣食住音」という会社も設立されてます。まさにぴったりな名前ですね。

「そうですね。もちろんそれありきで会社の名前を作ったんですけど、ライブを提供しながら、音楽をより身近に、生活の一部に感じてもらえるようなものを音楽だけじゃなくて提供できるようにしたいなと思ったら、会社を立ち上げようってなったんですよね」

── 食事もできるライブ、ダイニング形式のライブで全国を回られてるということで、地方だと会場選びが大変ではないですか?

「そうなんです。ダイニングスタイルのライブでの全国ツアーは、会場のブッキングに毎回悩まされます。でも理解してくれるところとは深い付き合いになるので、そこはいいところでもあります」

── なかなか前例がないだけに大変ではあるけれど、深く付き合えるのはいいですね。

「そうですね。神戸もそうですけど、人と人との繋がりというのはBimBomBam楽団を始めて、より実感したことでもあります。まだ日が浅いバンドなのでこれからもっと頑張らないと、と思ってはいますが、こうやって少しずつ熱い人たちとつながっていけるのはありがたいことだと思います」

── そういえばアルバムジャケットやグッズも可愛くて、ロゴを含めてしっかりと作られてますよね。

「グッズはもっと増やしていきたいんですよ。今は小物ばかりですが、やっぱり“衣食住音”ということで、最終的には服とか家具とかも込みでできたら面白いですよね。サイトにショップもありますが、CDだけじゃなくて雑貨屋という考え方で展開しています」

── 最後にジャズを志す学生さんたちにメッセージをお願いします。

「やっぱり一言で言うならば“続けてください”ってことですね。楽しいまま続けるというのは難しいことですが、僕も7歳からトランペットを吹き続けてきて今ここにいるので。楽しい気持ちを忘れずに、いつまでも続けていくことが最良だなと思っています」

information

[ ライブ情報 ]

03/11/SAT at 心斎橋サンホール
OPEN 17:30/START 18:00/ADV3200
Kan Sano/BimBomBam楽団
Yasei Collective/jizue/向井太一
Guest Player:門田”JAW”晃介(BARB/ex.PE'Z)
<特別先着先行受付中>
受付期間:〜1/27 21:00まで
受付URL:http://eplus.jp/me2017/ (PC&モバイル)
INFO:www.yumebanchi.jp