KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報をデンソーテンがお届けします。

ジャズピープル

横浜国立大学Baysound Jazz Orchestra

 昨年につづいて、学生による学生ビッグバンドを紹介するこの企画。今回ご紹介するビッグバンドは横浜国立大学Baysound Jazz Orchestra(横国BJO)。創立より9年と学バンにあっては比較的若いビッグバンドです。カウントベイシーオーケストラの曲を中心に演奏。”聞いている側も、演奏している側も、楽しめる音楽を”をモットーに活動しています。野本 真太郎さん(3年 トロンボーン バンドマスター)、佐野 翔一さん(3年 アルトサックス コンサートマスター)に横国BJOについてのお話を聞きました。もちろん今回も慶應大学K.M.Pの学生がインタビューしています。

interview

interview

聞いている側も、演奏している側も、楽しめる音楽がモットー


── まずは、バンドについての紹介をよろしくお願いします。

野本「横浜国立大学Baysound Jazz Orcestraは今年で創立9年目となる、他と比べると割と若いバンドですね。創設者の人もまだ博士号を取る段階とかで、大学に在籍みたいです。形態としてはビッグバンド編成で、カウントベイシーオーケストラの曲を中心に、今年からはそのほかにも幅広いジャンルを楽しんでいこうと考えているところです。関東の他のバンドと同じく、JrバンドとRegularバンドに分かれ、バンド全体のモットーとしては、”聞いている側も、演奏している側も、楽しめる音楽を”を掲げ、活動しております。」

── 創立9年というのが意外でした。ほんとに若い!

野本「横浜国立大には元々Jazz研しかなくて、それは昔からあったのですけど、フルバンドで演奏することを目的に、そこから派生して出来たのが、BJOというわけです。」

── なるほど。個人的なイメージですが、横国BJOといえばベイシーバンド、ですよね?

野本「そうですね、幅広いジャンルを、と言いましたが選曲ではベイシーの曲に決まることがやっぱり多いです。やっぱりみんなベイシー好きなんですよね。(笑)」

── レギュラーバンドについて、詳しく聞かせてください。

佐野「ジュニアバンドでやった様々な曲を通じての経験を活かし、より音楽を突き詰めていくべく活動しており、毎年出場している夏の山野ビッグバンドジャズコンテストに向けて、練習を重ねています。」

野本「今年も去年に引き続き山野予選から出場ということで、今はそれに向けての練習が中心となってますね。予選ももうすぐなので、新歓と並行して取り組んでいます。」

── BJOのジュニアバンドはバンマス、コンマスからみてどうでしょうか?

野本「そうですね、自分もジュニアバンドを経てレギュラーに乗ったのですが、元々違う楽器をやっていた人、ジャズを初めて経験する人、本当にいろいろな人がいます。みんな個性的ですしね。(笑)その中で自由に楽しく音楽をやって、ジュニアバンドの全国大会であるステラジャムのような場でしっかり団結して臨む、そこで生まれる一年生二年生の絆、青春!て感じですね(笑)。」

水野「そこがまたJazz研との違いもあって面白いですよね。」

野本「先輩後輩とのつながりが強いというのも、ビッグバンドならではですね。」

山野本選でも悔いの残らない演奏が出来るように




── 今までで特に印象に残ったライブは何でしょうか?

佐野「そうですね、やはり12月に行われるリサイタルは一番印象に残っています。この1年間を通して培った経験全てをぶつける一年の集大成ですから。自分はその時はJazz研にいて、リサイタルを聞きに行ったのですが、乗っているみんなの思いが伝わってきて、心動くものがありましたね。」

野本「BJOのライブではないですが(笑)、去年二月のブルーノートであったレジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラの演奏ですかね!やはりレジェンド。あれを聞いてまたベイシーがもっと好きになりました。自分たちが目指す音楽の根底を見ましたね。」

── お二人がビッグバンドジャズをやろうと思ったきっかけはなんでしょうか?

野本「自分は新歓の時に聞いた一音目で、あ、カッコイイなって思って(笑)。音質といいますか、勢いが吹奏楽とはまた違っているんですよね。演奏部屋から漏れ出ていた音を聞いてその時点でこれはやってみたいと思いましたね。」

水野「吹奏楽とビッグバンドの違いについてはよく言われるところがありますが、その違いこそ魅力だったのですね。」

野本「そうですね。自分は吹奏楽出身で、もちろん吹奏楽でもJazzの曲はやりますし、それも楽しかったのですけど、やはり専門でやっていないと味わえない部分もありますし!ビッグバンドでしっかり味わってみよう、と。」

佐野「自分も中高と吹奏楽部に入っていたのですけど、元々いろいろな音楽が好きで、色々聞いてましたね。ただその中でもジャズは一番好きで、中高ではビッグバンドの部活はなかったので、是非大学ではやってみようと思い、BJOに入りました。」

── やっぱかっこいいですもんね、ジャズ。今後の目標は何でしょうか?

野本「まずはやはり山野予選を通過すること。そして山野本選でも悔いの残らない演奏が出来るようにすることですね。上位入賞を目指し、みんなで一丸で頑張っていきたいです。」

佐野「山野関連のことは言ってくれたので、、、自分はこの一年を通して、メンバーとともに演奏することで皆でお互いに高めあえるようになれればいいなと思います。もちろんジャズに必要な技術においてもそうですし、気持ちの上でもそうなれたらいいなと思います。」

── 最後に今後のライブの告知などあればお願いします!

野本「6月3日(日) 横浜市立大学シーガルホールでシーガルライブというのがあります。9:55〜10:15に我々BJOも演奏します。場所やその他今後のライブ情報などはSNSやホームページにてお知らせしていますのでそちらも是非チェックして頂きたいです!」

── ありがとうございました。

Written by Mizuno
※2018/5 インタビュー時点の情報です。

information

横浜国立大学BaySound Jazz Orchestra

[About us]
「演奏する側、聴く側の人々共に楽しむ事の出来る」音楽をモットーに2010年1月、横浜国立大学にて設立されたビッグバンドジャズサークルです。

基本的に火曜日、木曜日、日曜日に練習しております。
【Reg.Band】 授業期:木曜日16:30頃(4限終了後)~、日曜日16:00~
       休業期:火、木、日曜日16:00~
【Jr.Band】授業期:火曜日16:30頃(4限終了後)~20:00、日曜日10:00~16:00
      休業期:火、木、日曜日10:00~16:00
火曜日、木曜日 @学生会館4Fホール、文化サークル棟大練習室・中練習室
日曜日 @文化サークル棟大練習室・中練習室
※若干予定が変わることもあります。

[Website / SNS]
HP:http://baysoundjazz.wixsite.com/ynubjo
Twitter:@BaySound_Jazz
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCddcJf_5Z2xKGDRjjgONnBQ
facebook