ジャズピープル | KOBEjazz.jp

KOBEjazz.jp

ジャズを愛するすべての人へ。こだわりのジャズ情報をデンソーテンがお届けします。

ジャズピープル

ジャズでもクラシックでもなくEmily Styler

 2018年3月にDJ OKAWARIとのコラボレーションアルバム『Restore』をリリースした、今、注目のヴォーカリストEmily Stylerさん。今作では、初めてジャズテイストを取り込むなど新しい音楽を追求。Emilyさんの特徴である優しく温かいウィスパーヴォイスと相まって、心に染みる作品になっています。今回、株式会社デンソーテン本社にお越しいただき、Emilyさんのこれまでのことや最新アルバムの制作についてなど幅広くお話を伺いしました。

person

Emily Styler(Vocal/Pianist/Composer)

幼少より培ったクラシック歌曲の感覚を、絶妙なバランスでHIP HOPベースのサウンドに落とし込んだ唯一無二の世界観を持つ。デビューアルバム『My Primal Antitheses』にはRaashan Ahmad、Steph Pocketsら豪華な客演陣が参加、透き通るウィスパーボイスとその叙情的な楽曲群はシーンから高い評価を得る。その後iTunes限定でピアノ&ストリングス編成のバラード『Last Romance』を配信、第12回『ベストデビュタントオブザイヤー2015 』音楽部門を受賞。さらに同曲も収録した2ndアルバム『Tragedy』をSound Croud 限定でリリース。DJ OKAWARIの最新アルバム『Compass』ではEventually feat. Emily Stylerとして大胆にもJAZZフィールドでのコラボレーションを実施。iTunesJAZZトップソングランキングで1位を獲得。2018年3月にDJ OKAWARIとの初のコラボレーションアルバム『Restore』リリースと共に大規模中国リリースツアー開催を発表。

interview

ルーツはクラシックピアノ

── Emily Stylerさんのことについて、教えてください。音楽はいつ始めたのでしょうか。

Emily「3歳からクラシックピアノをやっています。母が歌を歌っていたので、幼少の頃からクラシック畑で育ちました。大学に入るまではずっとピアノ中心でしたが、入学後、歌を歌う機会が結構増えました。ただ、母の影響もあって、何となくですがそっち(歌)にはいきたくないな、という気持ちもあって…。でも、学んでいくうちに歌の方がダイレクトに気持ちを表現することができるな、と思うようになってだんだん歌への比重が大きくなっていきました。」

── 歌はどこかで教わったのですか?

Emily「はい。大学の授業でクラシックの発声を学びました。大学ではクラシック歌曲を歌ってたんですけど、発声はどのジャンルでも同じなので、今でもその時の先生にお世話になっています。」

── プロを目指すきっかけになったのは?

Emily「CASIOからレーベルが立ち上げという話しをオーディションの音楽仲間から聞きました。当時、色々なオーディションにトライしていたんですけど、現実的にプロを目指すならこのオーディションが最後の機会かなと思っていました。それで、すぐに受けることを決めて。ピアノと歌両方のオーディションを受け、無事に入ることが決まって。今は三年目です。」

── 今でもピアノは弾かれるのですか?

Emily「制作の時も歌う時もよく弾いています。今回のアルバムのインストの曲も弾かせてもらいました。6曲目の” Red Lipstick”はラジオでご一緒させていただいているジャズピアニストの平戸祐介さんにゲストとして弾いてもらっていて、ジャズテイストの一番強い作品になっています。」

誰が聴いてもリラックスできるような、疲れが吹き飛ぶような一枚に。Restoreに込めた想い

── 2018年3月にリリースされた作品”Restore”のお話が出ましたが、ジャズテイストを取り入れたとお聞きしましたが、今回初めてのことですか?

Emily「そうですね。ジャズのテイストが入ったのは初めてです。今まではHIP HOP色のある曲が多かったのです。今回はDJ OKAWARIさんと一緒にやるということもあってファン層もまた違ってくるので曲の幅を広くしたいと思っていました。Emilyとして活動が始まった序盤から平戸祐介さんと関わらせてもらう機会が増えて、ジャズカルチャーに間近で触れる機会が増えたのもあります。」

── 今回のアルバムのコンセプトは?

Emily「アルバムのタイトル『Restore』を先に決めたことです。直訳すると”回復する”という意味ですが、色々なジャンルの曲を入れたことによって、誰が聴いてもリラックスできるような、疲れが吹き飛ぶような一枚になればという想いを込めて創りました。」

── ところでDJ OKAWARIさんとコラボするきっかけは?

Emily「去年の3月にDJ OKAWARIさんが5年ぶりに出されたアルバムでお話をいただいたのをきっかけに、岡崎でイベントがあるというのを聞きつけてお会いしに行ったら、“アルバムを作っちゃいましょう”という流れになって。全曲OKAWRIさんが関わって曲を作っていきました。」

── コラボしてみてどうですか?

Emily「初めてコラボしてみて、自分だけの制作じゃなくてものすごい数のやり取りをして、曲も一枚のアルバムの中に結構な種類を詰め込んだので、新鮮でした。とても楽しく充実しました。」

── 今回の作品の制作はどのくらいかかりましたか?

Emily「半年くらいです。10~2月の半ばくらい、デモのやり取りから始まってリリースぎりぎりまでかかりました。」

── 今回の作品での聞いて欲しいポイントはありますか?

Emily「”Emotions Swim Inside”はセカンドアルバムにも入っている曲で、ラップが入っているのですが、今回は全然テイストが違ったものになっています。実は、中国で公演することが先に決まっていたので、ライブをイメージして創りあげています。ロックテイストに少し変えたいという思いもあって、DJ OKAWARIさんと何度もやり取りを重ねてかっこいい曲に仕上げることができました。」

── 曲はどんな時に思い浮かぶのですか?

Emily「きっと皆さんが思っているより、地味なところで思い浮かんでいると思います。”詞が降りてくる”と言うと取ってつけたような感じになってしまうのですが、日常の中でパッと思い浮かびます。器用な方はすぐに創ってしまうと思うのですが、私はアナログなので譜面に直接書き留めています。」

── すでに中国でツアーをされてますが、日本ではされますか?

Emily「まだ決まっていないのですが、決まり次第告知していきます。」

── 中国での反響はどうでしたか?

Emily「DJ OKAWARIさんが10年ほど前から中国で活動されていて、学校の放課後に流れるよう指定されている曲があるなど、知名度が高い方です。今回のライブに来てくださった方も一時間以上前から並んでいただいたりと、とても期待されていたようでした。事前に中国語は会話程度ですが勉強していきましたが、全てのMCを中国語で話すことは難しいので日本語を織り交ぜて行ったのですが、お客さんはとても温かく反応してくれました。ライブはSOLD OUTでしたので、たくさんの方に聴いていただくことができとてもうれしかったです。」

── 英語での歌が中心ですか?

Emily「今回の作品の楽曲は全て英語です。DJ OKAWARIさんは英語で歌う方とコラボすることが多いというのと、色々な国の方に聴いてもらうのに、英語の方がいいかなと思っています。」

色々なジャンルの音楽を聴いて、成長の糧に

── 今後チャレンジしてみたいことは?

Emily「今回のアルバムで音楽の幅を広げることができたので、その路線でもう一、二枚アルバムを出してみたいです。また、今までは叙情的なピアノだけで簡潔するような曲が多かったので、ライブ向きな曲をより厚くしていきたいです。」

── 神戸に来られたことはありますか?また、神戸の印象を教えてください。

Emily「プライベートで旅行に来たことがあって、お洒落なイメージはあります。一、二日しかいられなかったのですが、神戸牛を食べて夜景を見て。お洒落な街だなぁと。」

── KOBEjazz.jpでは学生のミュージシャンやビッグバンドを応援しています。Emilyさんから学生に伝えたいことはありますか?

Emily「音楽と一言で言っても色々あるじゃないですか。やりたいことが自分の中で決まっていても、環境で変化していくと思います。自分が『これが好きで、やりたい!』と思っても違う方が向いていたりすることを実感したこともありました。一つを突き詰めることも大事だと思うのですが、色々なジャンルの音楽を聴いて、楽しんでもらいたいですね。それで皆さんの夢に近づいていければいいな、と思います。」

── 今回の作品に合わせたライブがまだとのことですが、是非、神戸でもライブしていただきたいですね。また、これからの活動もとても楽しみです。本日は、お忙しいところありがとうございました。

information

[ RECCOMEND MOVIE ]

Restore/RELEASE TOUR IN CHINA(ダイジェスト)



[ RELEASE ]

Restore/DJ OKAWARI×EmilyStyler
シーンで高い評価を得る2人のメロディーメーカーDJ OKAWARI & Emily StylerによるHIPHOP&JAZZ Ambient....様々なジャンルをクロスオーバーした流麗なサウンド。

その独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超えた幅広い層からの支持を集めるトラックメイカーのDJ OKAWARIと、透き通るウィスパーボイスとその叙情的な楽曲群でシーンから高い評価を得るEmily Styler が初のコラボレーションアルバム『Restore』リリース!!

DJ OKAWARI
静岡を拠点に活動するトラックメイカー/DJ
「音楽と日常の共存」をテーマに掲げ、生活していく中で感じた事 を音で表現する。 “眠りにつく直前の安らぎ” “本を開くときの凛とした気持ち” そんな風に場面と心情との関連性を重視して音を創り上げる。 「DJ OKAWARI」という名前は、常に満足することなく、常に新し いものを模索し、 常に挑戦し続けるところに由来する。
これまでに、自身のアルバム以外にも国内外の数多くの作品に参加。 HIPHOPを軸とした温かく柔らかなトラックは、日本のみならず世界 中から支持を得る

01. Your Love
02. All I Need
03. I'm With You
04. Engage Ring
05. Move It
06. Red Lipstick
07. Flower Dance Pt.2
08. Emortions Swim Inside
09. Over the Rain
10. Feel Alive
11. Another Starlight
12. Last Romance

itunesTOWER RECORDSmora